コラム
012

ふしぎの国のアトキンソン

第一回 日光東照宮 (1)
_DSC0238

世界経済の最前線で活躍し、「伝説の金融アナリスト」と呼ばれたデービッド・アトキンソン氏。現在は文化財を修復する小西美術工藝社の代表を務める一方、観光や文化財に対する提言でも注目されています。本連載では、アトキンソンに文化財修復について論じていただきます。

 

小西美術の原点は日光です。日光には二社一寺と言って、二荒山神社、東照宮、輪王寺があり、合わせて約110棟の国宝・重要文化財が集中しています。

 

東照宮はご承知の通り、家康公を神様として祀っているので、当時の幕府の権力と技術の粋を集結した最高傑作と言っても過言ではありません。とりわけ日光の彫刻彩色は、日本の彩色発展の中では頂点として評価されています。日光にしかない仕様もたくさんあり、国内の全ての技術を一箇所に集約した、唯一無二の存在と言えるでしょう。

 

建造物の漆塗りでは、日光は全国の半分近くの漆面積を占めると言われています。平成19年からは日本産漆を100%使用し、明治時代以降、テレピンで漆を希釈する方法が工芸品の多くに採用されますが、日光は漆を希釈しない本来の伝統方法を最も厳しく守っている社寺です。

 

希釈をすることで見た目を良くすることができますが、実際には、一番の目的は職人の負担を軽くすることです。塗りやすくなることで効率は良くなりますが、耐久性が著しく低下しますので、企業方針として小西美術では4年前から原則、希釈しない方針を全国で実行しています。手間がかかることは理由にならないと私が判断したからです。

 

(つづく)

デービッド・アトキンソン
小西美術工藝社代表取締役社長。元ゴールドマン・サックス証券アナリスト。1965年、イギリス生まれ。オックスフォード大学「日本学」専攻。2009年、国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に入社。2011年に同社長に就任。日本の文化財の価値を見いだし、旧来の行政や業界へ改革の提言を続けている。『新・観光立国論』、『新・所得倍増論』など著書多数。最新刊は『国宝消滅―イギリス人アナリストが警告する「文化」と「経済」の危機』。

ページトップへ