コラム
014

ナラノヤエザクラ/多川俊映

奈良 風のまにまに
007_Column.indd

春日野では、ソメイヨシノやヤマザクラなどの見慣れた桜が散って、しばらくするとナラノヤエザクラが咲く。この桜、八重咲きといっても絢爛豪華でなく、いたって清楚だ。が、初めの淡いピンク色がしだいに濃い紅色になる優れもので、奈良の春の最後を飾る。

 

その昔、興福寺東円堂にあった「奈良の都の八重桜」がこれで、当時、なかなかの評判だった。一条天皇の中宮彰子(988~1074、藤原道長のむすめ)はそれを京へ移植しようと思い、命じて根を堀り上げ、車で運び出させた。

 

そこに行き合せた興福寺大衆が、「いくら中宮の仰せでも、これほどの名木の移植を易々と承知した別当、けしからん」と体を張って阻止した。それがまた、たいそう評判になって、中宮いわく、――奈良法師は心なき荒くれ者と思っていましたけれど、ずいぶん風情を解する人たちなのですねぇ。ということになって、移植は沙汰止みになった。イヤそれどころか、くだんの桜を保護するために、伊賀の余野庄を「花垣の庄」として氏寺に施入したという(『沙石集』巻九)。

 

それで、この桜が咲く頃になると、奈良から中宮彰子の下へ一枝が献上された。

それを彰子に侍った伊勢大輔が、

  いにしへの奈良の都の八重桜

  けふ九重ににほひぬるかな

 

と詠ったのだ。――あの奈良の八重桜が今日、九重(禁中)で愛でられておりますよ。

 

この東円堂の八重桜は、その後も珍重された。たとえば、中世末・近世初頭の史料として有名な『多聞院日記』にも散見される。日記の筆者・長実房英俊(1518~1596)は晩年、この桜に御執心で、71歳の天正16年(1588)2月26日条に、「木継ぎの上手な甚四郎に来てもらって、東円堂の桜二枝を接木した」(取意)と記している。

 

その接木は順調に育ったが、5年経っても花は咲かず、天正20年3月16日条では、「恨めしいかぎりだ。来年こそは咲くだろうか。露の命だから見られるかどうか…」(取意)と述べている。

 

しかし、ついに文禄3年(1594)の3月6日開花、「始〔初〕而咲間花見トテ、ウトンニテ酒進了(初めて咲いたので花見だ。うどんを肴にいささか酒を飲した)」とある。

 

時に、長実房77歳。日記にはこのように事実だけが短文で記されているが、――よかった。と、読む者になにかしらそう思わせるものがある。それはおそらく、独りきりの静かな老いらくの花見であったろうが、露の命だからこそ生きて今ここに在るよろこびを、東円堂ゆかりのナラノヤエザクラに必ずや語りかけたであろう、と思われるからだ。

 

御歌所の歌人だった阪正臣(1855~1931)は「年々花見」と題して、

  ことしまた見る人かずに入りし身の

  よろこばしさを花に語らむ

 

と詠っている。

多川俊映( たがわ しゅんえい)

興福寺貫首 「天平の文化空間の再構成」を標榜
し、一八世紀初頭に焼失した中金堂の平成再建を
目指している。著書『唯識入門』『合掌のカタチ』
『心を豊かにする菜根譚33語』など。

ページトップへ