トピックス

  •  「目の眼」10月号 “東京 美術の祭典” 無料公開中!

    【お詫びとご報告】
    今号につきまして急遽刷り直しを行いましたため、定期購読および注文分のお届けが遅れています。
    9月22日より順次発送いたしますので、今しばしお待ちください。

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」10月号
    特集「東京 美術の祭典」


    ◇全ページ無料公開中
    http://members.menomeonline.com/books/381
     

    topics_gazou202109-2

    ■特集「東京 美術の祭典 東美特別をめぐる」

    今秋10月15・16・17日に、21回目の開催を迎える「東美特別展」。
    陶磁器や茶道具、古書画、仏教美術、近現代美術……それぞれの分野を専門とする最高級の美術商が東京・新橋にある東京美術倶楽部へと集い、それぞれが3年かけて集めた美術品を展示即売する一大イベントです。
    その第1回は1964年、東京五輪に合わせて開催されました。国内の美術品を世界へ知らしめようと開かれた本展では、美術の土壌豊かな東京・京都・大阪・金沢から66店が参加。顧問には、財界から松永安左ヱ門(耳庵・東邦電力主宰)や石橋正二郎(ブリヂストンタイヤ創業者)、政界から細川護立など錚々たる蒐集家を迎え、総裁には美術に造詣の深かった三笠宮崇仁殿下を招く豪華ぶりでした。

    また、ただ盛り上がっただけではなく、誰でも入場可能とし、一点一点の価格をオープンにしたことで、それまでの閉鎖的な美術市場を国際的に開放した特別展は、まさに「日本初のアートフェア」だったのです。
    そこから57年を経て、ふたたび五輪と並び東京での開催を迎えます。その魅力を美術品や人、店、歴史——さまざまな視点から見ていきましょう。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  「目の眼」10月号 発送遅延について

    9月15日発売予定の10月号につきまして急遽刷り直しを行いましたため、定期購読およびご注文分のお届けが遅れております。

    ご愛読者の皆様にはご心配をおかけしましたが、9月22日より順次発送いたしますので、今しばしお待ちください。
    また書店等でご注文いただいた方には、印刷後の最新号を無料でお送りいたしますので

      目の眼(03-6721-1152)までご連絡ください。
      


    なお、目の眼ホームページ上で無料公開しておりますデジタル版につきましては、本日から公開しておりますので、こちらよりご覧ください。

  •  Youtubeマガジン 骨董トーク9月号
    「文人の眼 木村蒹葭堂が近代に遺したもの」

    Youtubeマガジン 骨董トーク9月号
    「文人の眼 木村蒹葭堂が近代に遺したもの」
    毎号の読みどころを紹介している「骨董トーク」。今回は9月号特集に執筆いただいた方々を招き、知られざる知の巨人・木村蒹葭堂を掘りおこします。

     

     目の眼 Youtubeページ
     https://youtu.be/O3xRmnhhy8c

    talk_202106_0523

    9月号特集では、“木村蒹葭堂(きむらけんかどう)”という人物を主軸に江戸後期の文人像を読み解いています。身分や職種に関わらず多彩な天才たちを繋いだキーパーソンであり、その名は海外まで知れ渡ったといわれる木村蒹葭堂とは、果たしてどのような人物だったのか。骨董トークでは、木村蒹葭堂の人物像や大坂・上方文化についてお話いただいています。

     
    ゲスト:
    ◇中谷伸生(関西大学名誉教授/アジア・オープン・リサーチセンター所属)
    ◇村田隆志(大阪国際大学教授)

    進行:
    ◇上野昌人(編集者/デザイナー)
    ◇井藤丈英(月刊『目の眼』編集部)

    9月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。
    骨董トークをご視聴いただくと、9月号特集をよりお楽しみいただけます。
    無料でよむ

  •  「目の眼」9月号 “文人の眼” 本日発売!

    【2021年8月16日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」9月号
    特集「文人の眼 木村蒹葭堂が近代に遺したもの」


    ◇全ページ無料公開中
    http://members.menomeonline.com/books/372
     
    ※緊急事態宣言の再発令に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

    202104.535
    ◆特集「文人の眼」
     商都・大阪は大正時代まで日本の経済の中心でした。江戸時代の後半、その大坂商人の力を背景として人形浄瑠璃・歌舞伎・舞・地唄・狂言・落語などのいわゆる「上方文化」が成熟していきます。
     その中でもひときわ異彩を放ったのが、造り酒屋の跡取り木村兼葭堂(坪井屋吉右衛門)でした。幼少時より病弱だった彼は6歳の時に狩野派の大岡春朴に画を、11歳の時に柳沢淇園の元で粉本を習います。この頃、大坂の儒者・片山北海と出会い、経史や詩文も学んでいます。また13歳の時には淇園の紹介で池大雅に弟子入りし、文人画の手ほどきをうけました。

     この早熟の異才は、21歳の時に書室を蒹葭堂と名付け、本草学や物産学の蒐集も本格化してゆきます。その当時、中国一辺倒だった本草学や物産学では物足りず、広く西洋からも知識を得ました。蒹葭堂の死後、彼の蔵書の多くは幕府に買い取られ、政治と学問のために利用されたことからも、蒹葭堂コレクションが個人の嗜好を遥かに超えた価値があったことを物語っています。
     与謝蕪村、浦上玉堂、伊藤若冲らの画家と深く交わり、頼山陽など多くの知識人が出入りしていました。日本で初めて博物館を作ったと言われる知の巨人の姿を通じて、日本人の憧れた文人や文人趣味とは何だったのか探ってみたいと思います。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  【道具屋めいてい研究所こっとう市】

    plan0322_meiteimap

    【8月開催】道具屋めいてい研究所こっとう市

     

     8/21(土)・22(日) 両日10時〜16時
     会場:銀座ソニーパーク B1&B2

     

    いよいよ開催がせまった「道具屋めいてい研究所こっとう市」、緊急事態宣言下での開催となるため、少々変更点があります。
    開催時間や出展場所(銀座ソニーパーク内は変わりません)のほか、ご来場者の数や時間帯によって会場への入場を制限させていただく場合があります。皆さまのご理解・ご協力をお願いいたします。

     ★開催時間:10:00〜16:00に変更となりました。
     ★入場口:地下2階 出入口からのご入場となります(上図参照)。
     ※銀座ソニーパークは地下と地上の出入口が数カ所ありますが、こっとう市にお入りいただけるのは地下2階からになりますのでご注意ください。
     ★入場人数:開催中、いちどき最大35名様までお入りいただけます。
     ★21日朝のみ:10時〜11時30分のみ、30分ごとの入替制となります(B2・B1共通)。
     ※その後は混雑状況を判断した上で現地スタッフからご案内します。

    会場内が混み合うことなく、多くの方に気持ちよくお買い物していただけるよう努めてまいります!
    皆さまにお待ちいただくこともあるかもしれませんが、場所が銀座のど真ん中だからこそ………。銀座をぶらり、骨董市をゆるりと遊びにいらっしゃっていただけたら嬉しいです。

     

    ❖出展者のインスタグラムでは商品紹介が続々アップデート中!
    #道具屋めいてい研究所こっとう市
    で検索すると、紹介品を一挙見ることができますのでオススメです。

     

    ◆出展者一覧(Instagram 投稿順)
    大吉 @sugimotoosamu
    花元 @keizo.ando
    長谷雄堂 @haseodou
    志村道具店 @shimura_douguten
    古美術28 @artandantique28
    古美術三樹 @kobijutsu_miki
    古童 @kodou1963
    草友舎 @so_yu_sya
    古美術肥後 @higovicious
    花徑 @kakei_tokyo
    逆光 @syoshi_gyakko
    百芍丹 @hst_kyoto.3
    画餅洞 @antique_wahindo
    IMADO @wataru_imado
    LapinArtOffice @lapinartoffice
    本田 @hondakeiichiro
    古美術小林 @kobijutsukobayashi_
    うまのほね @umanohone_
    さる山 @conoide_saruyama
    目の眼 @menome1977

  •  夏季休業のお知らせ

    夏季休業のお知らせ
    2021年8月12日(木)~15日(日)は、誠に勝手ながら、夏季休業とさせていただきます。

    この期間中、お問合せへのご対応はできませんのでご注意ください。
    なお、注文のお申し込み、お問合せメールの受信などはお受けしております。
    お問合せ・ご注文は8月16日(月)以降、順次対応いたします。

    ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

  •  オンライン・トークイベント
    目の眼8月号「伊万里の絵ごころ」


    古美術・骨董月刊誌「目の眼」骨董トーク
    「伊万里の絵ごころ」


    視聴方法:Youtubeでのオンライン視聴→Youtubeでみる
    ※Youtubeでのライブ配信を予定しておりましたが、音声トラブルにより配信を一旦中止とさせていただき、収録したものを公開しております。当日のご視聴をお待ちいただいた皆様にお詫び申し上げます。

    talk_202106_0523

    本誌特集でご紹介したユニークな伊万里の大皿をはじめ、素敵な伊万里が揃う古美術店などをピックアップ。未公開カットも交え、担当編集者が特集の見どころをご案内します。

     

    ◇井藤丈英(月刊『目の眼』編集部 8月号特集担当)

    概要:トークイベント(20分ほど)
    参加費:無料

    ※本誌をお持ちでなくともご参加いただけます。

  •  【8月開催】道具屋めいてい研究所こっとう市

    meitei0719

    【8月開催】道具屋めいてい研究所こっとう市

      8/21(土)・22(日) 10:00 – 16:00
      会場;銀座ソニーパーク 地下1階・地下2階

    「道具屋めいてい研究所こっとう市」の開催が近づいてきました。
    東京の緊急事態宣言発令中に伴い、開催時間や出展場所等が当初の発表から変更となります。諸々詳細が決まりましたら随時お知らせしていきます。

    出展者のインスタグラムアカウントでは、こっとう市の出品アイテムが再び更新されていきますので、そちらもぜひフォローしながら今しばらく楽しみにお待ちください。また5月までの紹介アイテムは、目の眼インスタグラムアカウント @menome1977 の「まとめ」に入っていますので、そちらもチェックしていただけます!

     

    ◆出展者一覧(Instagram 投稿順)
    大吉 @sugimotoosamu
    花元 @keizo.ando
    長谷雄堂 @haseodou
    志村道具店 @shimura_douguten
    古美術28 @artandantique28
    古美術三樹 @kobijutsu_miki
    古童 @kodou1963
    草友舎 @so_yu_sya
    古美術肥後 @higovicious
    花徑 @kakei_tokyo
    逆光 @syoshi_gyakko
    百芍丹 @hst_kyoto.3
    画餅洞 @antique_wahindo
    IMADO @wataru_imado
    LapinArtOffice @lapinartoffice
    本田 @hondakeiichiro
    古美術小林 @kobijutsukobayashi_
    うまのほね @umanohone_
    さる山 @conoide_saruyama
    目の眼 @menome1977

     

    *************************************************************************************************************
    「道具屋めいてい研究所こっとう市」とは

    昨年インスタグラムで展開が始まった古美術商たちによるSNSユニット「道具屋めいてい研究所」。道具屋たちが日頃お酒と器・道具の取り合わせをどんなふうに楽しんでいるかを投稿していくスタイルで、古美術商のプライベートな食卓を垣間みれるとあって、お酒好き&骨董好きの間で人気の#ハッシュタグになっています。投稿開始から1年となる今年5月、ついにインスタグラムから飛び出し、研究員(古美術商)たちによる骨董市の開催が決定しました!

    会場はGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)。かつて銀座のランドマークだったソニービルが聳え立っていた場所です。2018年に「Ginza Sony Park」として生まれ変わり、現在は約707平米のフラットな地上部と、地下4層の「ローワーパーク(Lower Park)」で構成された垂直立体公園となっています。これまで様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施していましたが、骨董市を開催するのは初めて!と期待を寄せています。

    「ソニーパークができた当初から、代表の永野さんと何か出来たらと話しているうちに、私自身もインスタグラム上で楽しませていただいた『道具屋めいてい研究所』のメンバーで、敢えて原点に立ち返るような露店形式で面白いことが出来るのではないかと、ソニーパーク最後の年に開催の運びとなりました」と、今回のこっとう市開催の経緯をお話してくれたのは「道具屋めいてい研究所」の管理人を務める古美術店「大吉」の杉本理さん。
    ※銀座ソニーパークは2021年9月まで営業。10月以降は新Ginza Sony Parkの建設に入る予定。

    今回のこっとう市には東西勢いのある古美術・骨董商が集結。各出展者の情報は、引き続きインスタグラムの各店舗アカウントや「#道具屋めいてい研究所」のハッシュタグを中心に紹介されていきます。

  •  「目の眼」8月号 “伊万里の絵ごころ” 本日発売!

    【2021年7月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」8月号
    特集「伊万里の絵ごころ いま、見るべき江戸のデザイン」


    ◇全ページ無料公開中
    http://members.menomeonline.com/books/344

    ※緊急事態宣言の再発令に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

    202104.535
    ◆特集「伊万里の絵ごころ」
    目にも涼しいブルー&ホワイトの磁器は、永く、中国大陸でのみ生産される宝物でした。その美しく、清潔感あふれるうつわは、世界最先端技術の結晶だったのです。17世紀初頭に日本で誕生した伊万里焼は、先進国である中国の青花磁器に学び、その文様やデザインを貪欲に吸収して、わずか数十年で世界市場を席巻します。今特集では、江戸期に生み出された伊万里の文様やデザインに注目して、優品をたっぷりと紹介しています。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  【定期購読者限定サイト】ご利用についてのお知らせ

    members_sleider

    ◇定期購読者限定”バックナンバー読み放題ウェブサイト”がオープン!
    「目の眼」リニューアル創刊号の2013年4月号から最新号まで、デジタル版が全巻無料で閲覧できます。

    ◇ご登録方法:
     定期購読申し込み後、郵送されるダイレクトメールにてお客様番号をお伝えします。
     届きましたら、目の眼ホームページ「MENOME Members」にて番号を入力してください。

     →定期購読のお申し込みはこちらから

     

    ◇2021年8月末までに利用登録をされた方には、抽選で30名様に【目の眼オリジナルQUOカード3,000円分】をプレゼントいたします。
    抽選結果はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

ページトップへ