お知らせ

  • 定期購読のお支払いに、クレジットカードの自動継続サービスをご利用いただけるようになりました。
     
    自動継続サービスは、お客様から定期購読中止のお申し出がない限り、2年目以降も自動的に購読を継続させていただくサービスです。
    ご指定のクレジットカードから毎年講読料を引き落としいたしますので、一度お申込みいただくと、その後の継続手続きなく更新できます。
    お支払いをスムーズに! ぜひご活用ください。

    お申込み・詳細は、定期購読ページへ。
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

  • 【2021年1月17日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」2月号
    特集「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/458
     

    202104.535

    ◆特集 「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」

    近年、精巧精密な技術で脚光を浴びている明治工芸ですが、やきものもその一端を担って世界にその優れた技巧で驚かせました。しかし、そのほとんどが輸出用として海外に送られ、作品が国内にほとんど残らなかったことが災いして、各地の骨董市にも出ることが少なく、古美術好きの眼に触れることもなかなかありませんでした。

    今号の特集は、世界に誇る明治のやきものです。その過程である幕末からの歴史をたどって、なぜ超絶技巧が生まれたのか、その理由と作品を紹介します。

    巻頭エッセイとして、京都の清水三年坂美術館の村田理如氏に京薩摩の魅力を書いていただき、また、学習院大学教授の荒川正明先生には、明治維新という時代が生み出した工芸について解説いただきました。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    https://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  • kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
    今回は『目の眼』1月号の特集「神仏のみやび 春日信仰の古美術」で取り上げた「春日物」のご紹介とともに、特別展「春日神霊の旅ー杉本博司 常陸から大和へ」(神奈川県立金沢文庫)のプレス発表会の様子をご覧いただきます。

    ◆スピーカー:小林后子(月刊『目の眼』編集部・骨董トーク進行)

    《収録》特別展「春日神霊の旅 ー 杉本博司 常陸から大和へ」プレス発表会
     杉本博司氏(現代美術作家)
     瀬谷貴之氏(神奈川県立金沢文庫主任学芸員)
     *会場:ロンドンギャラリー白金[2021年10月26]

    ご視聴はこちらから
     ⇨ https://youtu.be/qYIFWl5E_VI

     

    本誌1月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、1月号特集をよりお楽しみいただけます。
    https://members.menomeonline.com/books/448#p=1

  • 【2021年12月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」1月号
    特集「神仏のみやび 春日信仰の古美術」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/448
     

    202104.535
    ◆特集 「神仏のみやび 春日信仰の古美術」
    奈良に鎮座する春日大社は、氏神として崇敬した藤原氏によって豪華で雅びな鏡などの調度や武具が奉納され、「平安の正倉院」とも称されています。平安美術の宝庫であることに加え、春日曼荼羅、仏画や仏像、厨子などの器物は、仏教神道美術の愛好家にとって王朝貴族のみやびを伝える憧れとなっています。

    1月号の特集では、2022年1月29日から神奈川県立金沢文庫で開催される展覧会をはじめ、個人コレクターや古美術店を独自に取材し、春日信仰の古美術をさまざま紹介しています。

    春日大社宮司・花山院弘匡さんへのインタビューのほか、杉本博司さんと田島充さん(ロンドンギャラリー)の対談、白洲信哉さんによる ”春日信仰と若宮おん祭” をめぐるエッセイを掲載。春日信仰に関する古美術品の数々から、日本の神と自然とのつながりを紐解きます。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

  • 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)は、誠に勝手ながら、年末年始休業とさせていただきます。

    この期間中、お問合せへのご対応はできませんのでご注意ください。
    なお、注文のお申し込み、お問合せメールの受信などはお受けしております。
    お問合せ・ご注文は1月5日(水)以降、順次対応いたします。

     

    ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

  • kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
    今回は「美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」と題して、19世紀末から戦前までの短期間で海外進出に成功し、国際的な東洋美術コレクションに影響を与えた古美術商・山中商会について特集しています。12月の骨董トークは、本誌で掲載しきれなかった山中商会の様々な写真資料をご覧いただきながら、その歴史を紐解きます。

    ◆スピーカー:小林后子(月刊『目の眼』編集部)
    ※写真提供:山中商会

    ご視聴はこちらから
     ⇨ https://www.youtube.com/watch?v=Z4iOESpaC-8

     

    本誌12月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、12月号特集をよりお楽しみいただけます。
    https://members.menomeonline.com/books/437

  • 【2021年11月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」12月号
    特集「古美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/437
     

    202104.535
    ◆特集「古美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」
    近年、美術品マーケットはオークションによる取引が主流になり、それに伴い、古美術品の売買には作品の来歴=プロビナンスがより重視されるようになっています。そのなかで、中国美術をはじめとする東洋美術品の来歴を見ると、約100年前、膨大な古美術品の取引で海外展開を進めた日本の古美術商「山中商会」の名がたびたび登場します。本特集では、世界の東洋美術コレクションに大きな影響を与えた山中商会の歴史と扱った名品、山中商会の再評価につながる展覧会やシンポジウムなどの最新情報をご紹介します。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  • kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
    今回は、目の眼11月号「刀剣を鑑る」で特集している“特別重要刀剣“という鑑定制度ができた成り立ちと、刀剣の種類や用語について解説しています。刀剣観賞の参考にお役立てください。

    ◆スピーカー
     井藤丈英(月刊『目の眼』編集部)

    ご視聴はこちらから
     ⇨ https://youtu.be/Ec66bZBg2HA

     

    本誌10月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、10月号特集をよりお楽しみいただけます。
    https://members.menomeonline.com/books/397

  • 【2021年10月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」11月号
    特集「刀剣を鑑る  特別重要刀剣とはなにか」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/397
     
    ※緊急事態宣言の再発令に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

    202104.535
    ◆特集「刀剣を鑑(み)る  特別重要刀剣とはなにか」
    平安時代末より1000年の歴史を伝える日本刀。中世〜近代にいたるまで、動乱の時代が終わるたびに刀剣の再評価がおこなわれ、そのときどきの権力者に名刀が受け継がれていきました。
    日本人は、常に刀剣を鑑定し続けてきたともいえます。現在国宝や重要文化財に指定されている刀剣の多くは、そうした伝統的な評価を下地としながら、刀剣自体の美しさだけでなく、それに付随した物語や、誰が造り、持っていたかという伝来も重視されています。

    今号の特集で紹介する「特別重要刀剣」は、国の指定する国宝や重文とは別の枠組みではありますが、将来、重要文化財になり得る名品を見出そうとする熱意を持ってはじめられた鑑定制度です。
    今回は「特別重要刀剣」制度の50周年を記念した展覧会を中心に、権威の象徴として、さらにはご神体として、また鑑賞に値する美術工芸品としての見所をたっぷりと紹介しています。

    重要文化財に準ずる、と規定されている特別重要刀剣ですが、刀剣研究において新発見・新知見のカギとなる貴重で個性的な作が多く、すでに重要文化財に匹敵するような名品も存在しています。個人蔵が多く、なかなか直に目にすることの出来ない名刀にふれていただくきっかけになれば幸いです。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  • kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。今回は10月15・16・17日の3日間にわたり、東京美術倶楽部で3年に一度開催される「東美特別展」について、その準備委員長を務められた川島公之さん(繭山龍泉堂代表)に特別展の歴史や作品の見どころをお話いただきました。

     Youtubeのご視聴はこちらから
     ⇨ https://www.youtube.com/watch?v=VX_REBHd-ig

    ***************************************************************************
    1964年に始まり、今秋10月に21回目の開催を迎える東京美術倶楽部主催「東美特別展」。最高峰の美術商約50軒が集い、それぞれが3年かけて集めた品を展示即売する一大イベントです(10/15-17開催 会場:東京美術倶楽部)。
    「目の眼」10月号では、57年にわたって最高峰のアートフェアであり続けるこの特別展を特集。YouTubeマガジン「骨董トーク」では、その準備委員長を務められた川島公之さん(繭山龍泉堂代表)に、特別展にちなんだ美術品や美術商の知られざるドラマをお聞きしています。

    ◇ゲスト:川島公之(東美特別展準備委員長/繭山龍泉堂代表)
    ◇進 行:小池知嵯(月刊『目の眼』編集部)

    本誌10月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、10月号特集をよりお楽しみいただけます。
    http://members.menomeonline.com/books/381

ページトップへ