お知らせ

  • 東京・京橋の太陽・考古洞で「土器」展が開催されます。
    是非お立ち寄りください。

    日時:2月14日(火)-23日(木)
    時間:11:00~18:00(会期中無休)
    住所:東京都中央区京橋2-11-9
    電話:03-5524-6066
    http://www.ancientart-taiyo.com

     

    太陽1703-3

  • IMG_2399

     

    目の眼はただいま四月号の製作真っ只中ですが、今夜は『目の眼 名古屋友の会』の会合があり、原稿を抱えたまま名古屋へ向かってます。

    読者有志でつくる友の会、実は名古屋にだけあったんです。

    写真は新幹線のなかから撮った富士山。

    天気はいいのだけど、山頂は雲に隠れてました。

    会の様子はまたお知らせします。(井

  • 中国嘉徳国際オークションが東京・帝国ホテルにて美術相談会を開催します。
    鑑定品目は中国書画、陶磁器、紫砂壺、仏像、文房四宝、印材、明清家具、古書籍、拓本、著名人写真、手紙、油彩、切手、古銭です。

    日時:2017年2月12日(日)・13日(月)
    会場:帝国ホテル本館3階 扇の間(千代田区内幸町1-1-1)

    予約制となっています。
    03-6206-6682(10時-17時・土日祝除く)

    0201目の眼_嘉徳4c1p

  • 「目の眼」3月号60ページに掲載の誌上入札会の詳細画像をホームページにアップしました。
    http://menomeonline.com/sales/

     

    それぞれ画像は6、7点ほどありますので誌面より詳しく見ていただけると思います。
    お気に入りを探して入札ください。060

  • 昨年の大刀剣市にて、田野邉道宏先生のサイン特典付きの

    『日本刀 五ヶ伝の旅 大和伝編』をご注文されました方々にお知らせです。

    たくさんのご予約を賜りまして、現在、先生が1冊1冊丁寧にサインいれる作業を行っており、

    その完成が2月10日頃になる、との見通しでございます。

     

    ご予約された皆様には大変申し訳ございませんが、もう少々お待ちいただければと存じます。

    何卒どうぞよろしくお願いします。

  • ホームページ見やすく、わかりやすく、リニューアルしました。
    今後は取材の時の様子や、いろいろな展示会などをトピックスにアップしていきます。
    ご期待ください!!

  • 目の眼3月号の特集は、「古唐津と初源伊万里」。やきもの特集のなかでも人気の高い古唐津です。出光美術館開館50周年記念特別展「古唐津−大いなるやきものの時代」の紹介と、初源伊万里の旅です。さて、初源伊万里とはなんでしょう。この特集から議論が活発になることを期待します。3月号は2月1日発売です。

    初源初源2

  • 目の眼オンラインオリジナル記事、野辺の民藝の新版です。タイトルは「究極の民藝」。野辺の民藝、究極のモノとは何でしょう? こちらからどうぞ。

  • 俳優の神山繁さんが1月3日に亡くなられました。俳優界屈指の酒器好きで知られた神山さん。目の眼でも昨年2月号に「吞んべえの酒器とうつわ」と題して特集を組ませていただきました。小林秀雄や青山二郎、白洲正子から薫陶を受けたという酒器の道。そのコレクションは愛好家のレベルを超えた味わいのあるものばかりでした。特集の最後の一文「戯言」が辞世の言葉のように響いてきます。謹んでご冥福をお祈りいたします。
    「昔は愛用の品を墓の中に迄持っていった人もいましたが、死ねばカルシウム、そんなことはしない。
    泣けてくるような入手の喜びや、長い年月味わい、楽しませてくれた物との別れの悲しみ、ーそんなものが一杯つまった物を、(酒器狂いという)病にとり憑かれた後輩どもに渡し、同じ思いを味わわせてやならくてなんとする!
    天国か地獄か知らないが、あちらの世で、チビリ、チビリと酒でも飲みながら、後輩どもが、あれこれ狂いまくるさまを、ニヤニヤ笑って眺めていられたら、どんなに楽しいことだろう!
    さて、あちらにはどんな酒器が用意されてあるのかな!」
    神山繁『戯言』より

    *表1,4.indd

  • 奈良公園の東側になだらかな丘となってひろがる春日山は、古来より神の山として崇められてきました。山麓は神域として保護され、そのなかに春日の神を祀る春日大社が鎮まっています。この春日大社には永い歴史を受け継ぐ宝物が多数伝えられています。1月17日からは、春日にまつわる宝物を展観する東京国立博物館の特別展「春日大社 千年の秘宝」展が催されます。目の眼2月号では、展覧会の紹介とともに、長い間、神域の森深く秘されてきた春日大社の古神宝と信仰によって生まれた美術を紹介します。目の眼は2月号はアマゾンなどのオンライン書店や全国の書店でご注文できます。026-027032033

ページトップへ