お知らせ

  • 京都迷店案内、最新の記事です。町家のギャラリーとカフェの日日・冬青さん。こちらからどうぞ
    京都迷店案内は本誌でも新しい連載として掲載しています。最新号では辻商店を掲載しています。

  • 「目の眼」11月号は本日発売です。
    特集は「名刀に宿るもの」
    京都国立博物館「京のかたな 匠のわざと雅のこころ」展、ふくやま美術館・刀剣博物館「筑前左文字の名刀」展、桑名市博物館「村正Ⅱ ―村正と五箇伝―」展のみどころをそれぞれの学芸員が紹介します。

    「目の眼」11月号はこちらから

  • 高麗青磁から李朝陶磁までの韓国陶磁の特別展示即売会。個人コレクターが長年収蔵してきたコレクションを中心に約100点以上が出品される。

     

    ■高麗李朝展

    会期:10月11日(木)~24日(水)

    時間:11時~18時(会期中無休)

    会場:井上オリエンタルアート日本橋

    (東京都中央区日本橋本町4-1-12)

    問合せ:03-3275-2130

    http://www.inouye-art.com/

  • ■ 下井美術
    「樂のすべてが揃う即売会」
    初代長次郎から十五代樂吉左衛門までの黒・赤茶碗の逸品が一堂に揃います
    会期:10/6(土)~12/9(日)
    住所:東京都中央区京橋1-14-6京橋宏陽ビル1F
    電話:03-3535-2522

  • コラム更新しました。

    涌井清春さんのコラムです。
    「007吉田茂のRolls-Royce/涌井清春」はこちらから

  • 神楽坂のAYUMI GALLERYにて古裂古美術 蓮の25周年を記念した展覧会「裂のほとり3ー小さな金色展ー」を開催します。

     

    「裂のほとり3ー小さな金色展ー」
    会期:10月6日(土)-8日(月・祝日)
    時間:11:00-19:00(最終日は17時まで)
    会場:AYUMI GALLERY(東京都新宿区矢来町114)
    ホームページ:http://kogire-ren.jp

  • 目の眼10月号に間違いがありました。謹んで訂正いたします。

    147頁 文字の修正がありました。全文を再掲載させていただきます。
    147〜映画

    40頁 写真キャプションが間違っておりました。正:女子美術大学名誉教授 岡田宣世さん  謹んでお詫びし訂正いたします。

  • 古美術の世界では、古裂というジャンルがあります。
    コレクターが、その美しさ、技術の見事さに気付き、残そうとする。
    それは単なるモノ集めではなく、最高のものを極めようとする人々の心に感動し、
    収集し伝えようという気持ちが動くのだと思います。
    保存が難しい染織コレクションを大切に収集・研究してきた人々のことも、
    記憶にとどめておかなければと思います。
    目の眼10月号の特集は「染織コレクションの系譜」。
    日本有数の染織コレクションである女子美術大学の染織コレクションほかを紹介します。
    目の眼10月号は9月15日発売。
    2018年10表紙_180830調整ol

  • コラム更新しました。

    桑村祐子さんのコラムです。
    「006蝶の博物画集/桑村祐子」はこちらから

  • 91歳現役古美術コラムニスト、田中孝さんの野辺の民芸。今回は蓮弁です。美しい・・・

    こちらから。

    蓮弁

ページトップへ