トピックス

  •  第26回 見返り草

    皆さま、この花ご存知ですか 第26回 見返り草

     

    見返り草が咲いた。お前さんにはもったいない名花だが、一本進呈する。男ならずとも、誰もが見返る素敵な女性に持たせるから、心して拝受しろ。悪友からのFAXだ。
    うかつにも、ぼくは見返り草という花を知らない。やがてピンポーン。ご到来だ。「○○さんからのお花でございます」。見返る暇も与えず、女性の車は走り去っていった。
    包みを開いて、びっくり。何だ、この花。まるで毛むくじゃらの棒じゃないか。しかも、葉は虫喰いで周囲は黄ばみ、まるで枯れかかりだ。野郎、一杯食わせおったな!
    花をじ~っと見つめるうちに、むらむらと反骨心が頭をもたげてきた。こういう癖の強い花は、器、そして据える環境、すなわち床と懸軸で勝負が決まる。俄然闘志が湧いてきた。何が数え90歳だ。心は19歳だぞ。

    tanaka2014-12-02

    さて、器。さまざまな手持ち古陶が眼をよぎる。中国戦国印文壺、縄文平鉢、瀬戸大破れ瓶子、結果は意外だった。江戸期、種子島、能野(よきの)の徳利を出してきたのである。
    能野は備前調の肌合いで知られている。一時は民藝仲間の羨望の的でさえあった。何せ、粗笨な窯だ。窯変の景色に降灰も参加する。土味も面白いらしい。小山冨士夫、中里隆など気鋭の陶芸家が作品を残している。

    tanaka2014-12-01

    今回の徳利、能野騒動が始まった頃、鹿児島で買った。ごくは古朝鮮直伝の形姿に惹かれた。一方、民芸店の評価は最低だった。千円札1枚で、なにがしかの釣銭さえもらえたのだ。
    さて、活け上がった。敷板は奈良古寺廃材、軸は、天平の名経、薬師寺大般若(魚養経)。すべては渋味一色。すると、俄に見返り草、紅花が活き上がる。野郎への見返しになった。銀座空也のもなかがあったな。一服、お抹茶をいただこう。(福岡市在住)

ページトップへ