トピックス

  •  目の眼2016年12月号紹介

    高麗の仏画をご存じですか? 朝鮮半島の絵画というと、李朝民画と呼ばれる素朴な絵画がよく知られていますが、半島からは仏画、山水画、花鳥図などの絵画が古くから渡ってきた事が明らかになっています。12月号の特集では、約40年振りに名画が一堂に集まる展覧会を中心に、日本人が愛した朝鮮半島の絵画をご紹介します。

    %e7%9b%ae%e3%81%ae%e7%9c%bc%e7%89%b9%e9%9b%86%e6%89%89

  •  野辺の民藝9

    91歳現役古美術愛好家、田中孝さんの人気コラムが久々に登場。野辺の民藝第9回は「中近東生まれの灯火器」です。こちらから。   コラムの索引はこちらから。

    tanaka2016-11-03

  •  

    【訂正】目の眼2016年11月号
    P143 山口県立萩美術館・浦上記念館
    誤り☓青磁のいま―受け継がれた技と美 南宋から現代まで 10/1011/29
    正 ◯開館20周年記念特別企画展Ⅱ「すみすり―赤間硯の造形」 10/182017/1/15

    関係者の皆様には大変申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます。

  •  

    【即売会のご案内】

    第20回  樂のすべてが揃う即売会

    併設:茶道具逸品展
    会期:11月1日(火)~12月11日(日)

    下井美術(中央区京橋1-14-6京橋宏陽ビル1F)
    03-3535-2522

    初代長次郎から15代樂吉左衛門までの黒・赤茶碗と茶道具の逸品が一堂に揃います。

    %e4%b8%8b%e4%ba%95%e7%be%8e%e8%a1%93

  •  古伊万里を装う

     

    アリタノカタチ展の会場で流していた目の眼連載「古伊万里を装う」の
    1〜10月号ダイジェストです。
    器解説:鈴田由紀夫(佐賀県立九州陶磁文化館館長)
    協力:廣瀬和彦(懐石一文字) 池谷正夫(池正)

    11月1日発売の12月号が連載の最終回です。お近くの書店に注文なさるか、

    アマゾンからのご購入をお願いします。

  •  東美特別展

    もうすぐ第20回東美特別展が開催です。
    東美特別展とは、日本を代表する美術商がその専門とする分野で選び抜いた美術作品を一堂に集め、展示・販売する、3年に一度の見本市です。実際に触れて買うことができ、国内外のコレクターや愛好家に支持されています。また過去には美術館・博物館に収蔵された作品も多く、一流の名品が一堂に会する貴重な機会です。
    目の眼11月号に東美特別展 第20回記念スペシャルプレビュー&座談会を掲載しております。※入場券の読者プレゼントもあります。

    <開催日時>
    10月14日(金)~~16日(日)
    午前10時~午後7時(最終日の16日(日)は午後5時まで)
    <会場>
    東京美術倶楽部(〒105-0004 東京都港区新橋6-19-15)
    tokubetuten

  •  目の眼11月号

    目の眼の11月号は京都特集。巻頭では瀬戸内寂聴さんに京都の古美術店の思い出を書いていただきました。また、編集部おすすめの古美術店3軒を作詞家の松本隆さんに回っていただきました。松田聖子さんの「赤いスイトピー」などで知られる作詞家の松本隆さん。白洲正子にも影響を受けたという松本さんの眼に古美術はどう映ったのでしょうか。目の眼11月号は10月1日発売。お近くの書店でご注文なさるか、アマゾンなどのネットショップ、直接弊社でも扱っております。28

  •  曽野ツアー

    美の仕事で連載中の作家、曽野綾子さんと一緒に旅行するという、貴重な旅行ツアーができました。詳細は記事をご覧下さい。申し込み、問合せはは日通旅行 電話03-6256-0176へ。%e6%9b%bd%e9%87%8e%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc

  •  白洲ツアー

    秋の有田と唐津を白洲編集長と回るツアーができました。詳細は記事をご覧下さい。問合せ、申し込みはJTBロイヤルロード銀座 フリーダイヤル0120-606-489へ。%e7%99%bd%e6%b4%b2%e3%83%84%e3%82%a2%e3%83%bc

  •  アリタノカタチ

    「有田焼創業400年事業」の一環としてさまざまなプロジェクトが行われているが、目の眼では東京六本木の東京ミッドタウンで行われる「アリタノカタチ」展の中で、江戸期の伊万里を100点あまり紹介する「歴史展示」をプロデュース。古九谷や柿右衛門、鍋島など、ふだんは美術館や古美術店に行かないと見ることのできない伊万里(有田)の優品を多数展示。また、そのほとんどを購入可能なので、気に入った物を自分のものにすることができる。9月16日の初日には関係者限定のレセプションとトークショーも開催し、目の眼読者をご招待します。ご応募はプレゼントページからお願いします。
    アリタノカタチリリース

ページトップへ