トピックス

  •  京都迷店案内19

    目の眼オンラインのオリジナル記事、京都迷店案内は19回目。
    ギャラリーYDSです。こちらから
    京都迷店案内の目次は こちらから

  •  皆さまこの花ご存知ですか

    目の眼オンラインオリジナル記事、皆さま、この花ご存知ですか、26回目は見返り草です。こちらからどうぞ。

  •  12月5日

    目の眼オンラインの連載記事、京都迷店案内、18回目はギャラリー創です。
    ギャラリー創はこちらから
    京都迷店案内目次はこちら

  •  新連載

    目の眼1月号から新連載が始まります。
    テレビ番組「開運 何でも鑑定団」の鑑定士としても活躍中の自在屋店主、勝見充男さんは、新しいタイプの骨董店店主を訪ねる「気になる新しい骨董屋たち」を始めます。第1回は長谷雄堂さん。
    批評家、思想家として若い人にも知られている若松英輔さんが民藝の巨人、柳宗悦について深く掘り下げた連載が始まります。「柳宗悦─美に用いられた人」は序章 木喰仏の発見(上)。
    目の眼1月号は12月1日発売。

  •  目の眼サロン情報

    東京六本木の目の眼サロンでは、現在目の眼12月号に掲載した茂木健一郎さんが訪れたロンドンギャラリーの古唐津や能面、飛天などを展示中。茂木さんが触れて感じたそのものを実際に見ることができます。

  •  目の眼オンラインオリジナル記事

    目の眼オンラインのオリジナル記事

    皆さまこの花ご存知ですか(25) 秋明菊(貴船菊)こちらから

    京都迷店案内その壱拾七 カフェ・モンタージュ こちらから

    更新しました。

    2014101321190000

  •  記事訂正

    目の眼12月号で記事が間違っておりました。

    123頁写真説明

    十代長座絵門極は正しくは

    十代長左衛門極でした。

    間違ったことをお詫びして訂正します。

  •  富嶽三十六景発行

    目の眼書籍の新刊「葛飾北斎 冨嶽三十六景を読む」正真解説 有泉豊明 発行しました。

    「実際にこの形の波はありえる?」
    徹底検証で作品の意図を読み解く。
    現実の風景と北斎に描かれた風景の違いにこだわって全作品をすみずみまで検証。
    北斎が画面の効果を出すために浮世絵に仕掛けたトリックの数々を解説します。

    定価1944円(税込)。B5判オールカラー160頁。

    ISBN978-4-907211-03-5

    お求めご希望の方は書店にお申し込み下さい。

    富嶽cover

     

  •  目の眼12月号

    目の眼12月号は東京国立博物館で開催中の「国宝展」の特集。国宝展の写真案内のほか、国宝とはなにか、伝統技術という宝、国宝をもつということ、知っておきたい文化財Q&A、おすすめ国宝スポットなど、もりだくさんです。第2特集として、奈良国立博物館で開催の正倉院展も紹介します。

  •  目の眼11月号本日発売。

    news_2014-09-24
    目の眼11月号本日発売。

    P105頁、ギャラリー情報、京王百貨店 第74回京王アートオークションの期日が間違っておりました。10月9日~15日が正しくは10月9日~14日です。読者の皆さま、関係者の皆さまにはご迷惑をおかけしました。ここに深くお詫びし、訂正いたします。

ページトップへ