トピックス

  •  【8月開催】道具屋めいてい研究所こっとう市

    meitei0719

    【8月開催】道具屋めいてい研究所こっとう市

      8/21(土)・22(日) 10:00 – 16:00
      会場;銀座ソニーパーク 地下1階・地下2階

    「道具屋めいてい研究所こっとう市」の開催が近づいてきました。
    東京の緊急事態宣言発令中に伴い、開催時間や出展場所等が当初の発表から変更となります。諸々詳細が決まりましたら随時お知らせしていきます。

    出展者のインスタグラムアカウントでは、こっとう市の出品アイテムが再び更新されていきますので、そちらもぜひフォローしながら今しばらく楽しみにお待ちください。また5月までの紹介アイテムは、目の眼インスタグラムアカウント @menome1977 の「まとめ」に入っていますので、そちらもチェックしていただけます!

     

    ◆出展者一覧(Instagram 投稿順)
    大吉 @sugimotoosamu
    花元 @keizo.ando
    長谷雄堂 @haseodou
    志村道具店 @shimura_douguten
    古美術28 @artandantique28
    古美術三樹 @kobijutsu_miki
    古童 @kodou1963
    草友舎 @so_yu_sya
    古美術肥後 @higovicious
    花徑 @kakei_tokyo
    逆光 @syoshi_gyakko
    百芍丹 @hst_kyoto.3
    画餅洞 @antique_wahindo
    IMADO @wataru_imado
    LapinArtOffice @lapinartoffice
    本田 @hondakeiichiro
    古美術小林 @kobijutsukobayashi_
    うまのほね @umanohone_
    さる山 @conoide_saruyama
    目の眼 @menome1977

     

    *************************************************************************************************************
    「道具屋めいてい研究所こっとう市」とは

    昨年インスタグラムで展開が始まった古美術商たちによるSNSユニット「道具屋めいてい研究所」。道具屋たちが日頃お酒と器・道具の取り合わせをどんなふうに楽しんでいるかを投稿していくスタイルで、古美術商のプライベートな食卓を垣間みれるとあって、お酒好き&骨董好きの間で人気の#ハッシュタグになっています。投稿開始から1年となる今年5月、ついにインスタグラムから飛び出し、研究員(古美術商)たちによる骨董市の開催が決定しました!

    会場はGinza Sony Park(銀座ソニーパーク)。かつて銀座のランドマークだったソニービルが聳え立っていた場所です。2018年に「Ginza Sony Park」として生まれ変わり、現在は約707平米のフラットな地上部と、地下4層の「ローワーパーク(Lower Park)」で構成された垂直立体公園となっています。これまで様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施していましたが、骨董市を開催するのは初めて!と期待を寄せています。

    「ソニーパークができた当初から、代表の永野さんと何か出来たらと話しているうちに、私自身もインスタグラム上で楽しませていただいた『道具屋めいてい研究所』のメンバーで、敢えて原点に立ち返るような露店形式で面白いことが出来るのではないかと、ソニーパーク最後の年に開催の運びとなりました」と、今回のこっとう市開催の経緯をお話してくれたのは「道具屋めいてい研究所」の管理人を務める古美術店「大吉」の杉本理さん。
    ※銀座ソニーパークは2021年9月まで営業。10月以降は新Ginza Sony Parkの建設に入る予定。

    今回のこっとう市には東西勢いのある古美術・骨董商が集結。各出展者の情報は、引き続きインスタグラムの各店舗アカウントや「#道具屋めいてい研究所」のハッシュタグを中心に紹介されていきます。

  •  「目の眼」8月号 “伊万里の絵ごころ” 本日発売!

    【2021年7月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」8月号
    特集「伊万里の絵ごころ いま、見るべき江戸のデザイン」


    ◇全ページ無料公開中
    http://members.menomeonline.com/books/344

    ※緊急事態宣言の再発令に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

    202104.535
    ◆特集「伊万里の絵ごころ」
    目にも涼しいブルー&ホワイトの磁器は、永く、中国大陸でのみ生産される宝物でした。その美しく、清潔感あふれるうつわは、世界最先端技術の結晶だったのです。17世紀初頭に日本で誕生した伊万里焼は、先進国である中国の青花磁器に学び、その文様やデザインを貪欲に吸収して、わずか数十年で世界市場を席巻します。今特集では、江戸期に生み出された伊万里の文様やデザインに注目して、優品をたっぷりと紹介しています。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  【定期購読者限定サイト】ご利用についてのお知らせ

    members_sleider

    ◇定期購読者限定”バックナンバー読み放題ウェブサイト”がオープン!
    「目の眼」リニューアル創刊号の2013年4月号から最新号まで、デジタル版が全巻無料で閲覧できます。

    ◇ご登録方法:
     定期購読申し込み後、郵送されるダイレクトメールにてお客様番号をお伝えします。
     届きましたら、目の眼ホームページ「MENOME Members」にて番号を入力してください。

     →定期購読のお申し込みはこちらから

     

    ◇2021年8月末までに利用登録をされた方には、抽選で30名様に【目の眼オリジナルQUOカード3,000円分】をプレゼントいたします。
    抽選結果はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。

  •  オンライン・トークイベント
    目の眼7月号「十一面観音 光の旅」


    古美術・骨董月刊誌「目の眼」骨董トーク
    「十一面観音 光の旅」

     

    イベント終了後もこちらからご覧いただけます→Youtubeでみる

    talk_202106_0523

    7月号特集「十一面観音 光の旅」でご紹介した東京国立博物館での特別展「聖林寺十一面観音 三輪山信仰のみほとけ」の内覧会動画や、取材で撮影した未掲載の画像をお見せしながら、特集の見どころをお伝えします。

     

    ◇小林后子(月刊『目の眼』編集部 7月号特集担当)

    日時:2021年6月28日(月)18:30〜
    概要:トークイベント(20分ほど)
    参加費:無料
    視聴方法:Youtubeでのオンライン視聴

    ※本誌をお持ちでなくともご参加いただけます。

  •  「目の眼」7月号 “十一面観音 光の旅”本日発売!

    【2021年6月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」7月号
    特集「十一面観音 光の旅」


    ◇全ページ無料公開中
    https://menomeonline.com/202107/

    ※緊急事態宣言の延長に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

    202104.535
    ◆特集「十一面観音 光の旅」
    東京国立博物館、奈良国立博物館で開催される特別展「国宝 聖林寺十一面観音 —三輪山信仰のみほとけ」に合わせ、古代日本の信仰と古美術を特集します。

    文筆家の白洲信哉氏が、十一面観音信仰をたどって三輪から伊勢へ。聖林寺十一面観音とともに大神神社にまつられていた仏像をたずね、さらに伊勢へと十一面観音を本尊とするお寺を巡ります。 特別展の見どころはもちろん、個人蔵、古美術店の十一面観音や仏教美術もご紹介。日本の仏教美術の魅力をご堪能ください。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  オンライン・トークイベント
    目の眼6月号「小壺を慈しむ 蹲、お歯黒壺 六古窯」


    古美術・骨董月刊誌「目の眼」骨董トーク
    「小壺を慈しむ 蹲、お歯黒壺 六古窯」

    talk_202106_0523

    取材&撮影時のこぼれ話を交えながら、目の眼6月号「小壺特集」の見どころを担当編集がナビゲート。
    六古窯小壺の傑作はもちろん、圡楽窯・福森雅武さん、自然の姿で花を生ける「なげいれ」の横川志步さんに教えていただいた、小壺のより深い楽しみ方もご紹介します。

    日時:2021年5月28日(金)16:00〜
    概要:トークイベント(1時間ほど)
    参加費:無料
    受付期間:受付中〜5月28日(金)16:00(トーク開始時間まで)
    方法:Zoomからオンライン視聴

    ※本誌をお持ちでなくともご参加いただけます。
    ※事前にZoomアプリをダウンロードしていただく必要がございます。
    →Zoomアプリのダウンロードはこちらがおすすめです。 https://zoom.us/download#client_4meeting

    お申し込みは以下のフォームより
    https://zoom.us/webinar/register/WN_ZXkjr0VvR76VGxfEHr7FvA

  •  「目の眼」6月号 “小壺を慈しむ”本日発売!

    【2021年5月17日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」6月号
    特集「小さな壺を慈しむ 蹲、お歯黒壺、六古窯」


    ※緊急事態宣言の延長に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

    202104.535
    六古窯(ろっこよう)と称される常滑・信楽・瀬戸・丹波・備前・越前の古窯を中心に小壺の魅力を紹介します。
    古窯では壺、甕(かめ)、摺鉢(すりばち)が生活道具の“三種の神器“として作られていましたが、美への作為がないだけに、自然の花や草木がよく映え、うつわの表情もいきいきとします。小壺には大きな壺にはない愛らしさがあり、蹲(うずくまる)、お歯黒壺は小壺ならではの味わいが楽しめます。
     
    土鍋で知られる圡楽窯・福森雅武さん、自然の姿で花を生ける「なげいれ」の横川志步さんをはじめとして、各取材先で小壺に花を生けて頂き、色彩にあふれた特集になりました。

     

    **************************************************************************
    【緊急事態宣言延長に伴うイベント中止・延期情報】(5/17時点)
    ・日本民藝館:「日本民藝館改修記念 名品展Ⅰ」→開館・開催中
    ・BANKO artchive design museum:「白い茶碗」→開館・開催中

    ・東京国立博物館:特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」→休館・再開未定
     https://chojugiga2020.exhibit.jp/
    ・刀剣博物館:「刀剣リターンズ展」→休館・再開未定
     https://www.touken.or.jp/museum/
    ・永青文庫:「心のふるさと良寛Ⅱ」→休館・再開未定
     https://www.eiseibunko.com/
    ・大阪市立東洋陶磁美術館:「黒田泰蔵展」→休館・再開未定
     https://www.moco.or.jp/

    ・道具屋めいてい研究所こっとう市:8/21(土)〜22(日)に延期

    壺中居:「三宅一樹 木彫刻展 ”聖櫃”」
     →会期日程変更、6/22(火)〜7/2(金) 11:00〜17:00 ※会期中無休
    祥雲:「企画展 花」→5/31まで休業・企画展見合わせ
    しぶや黒田陶苑:「曜変天目 瀬戸毅己展」→営業・5/21(金)〜25(火)開催
    潮音堂:「仏教絵画と古写経」→開催延期、6/3(木)〜6(日) 店内2組まで 予約優先
    art stage OSAKA 2021→開催中止
    **************************************************************************

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  【6/10まで限定公開】茂木健一郎×白洲信哉スペシャルセミナー
    「ネットで骨董を買ってみた! 〜古美術・骨董業界で進むリアルとネットの交差点〜」

    【期間限定】6月10日までアーカイブ動画公開中
    nikkei0405
    2021年4月26日(月)開催
    【日本経済新聞社×目の眼スペシャルセミナー】
    茂木健一郎&白洲信哉
    「ネットで骨董を買ってみた! 〜古美術・骨董業界で進むリアルとネットの交差点〜」

     

    Youtubeにて、アーカイブ動画を公開しました。
    https://youtu.be/D9oKPtl6FB8

     

    ネットで骨董の良さは分かるのか? ネットではどうやって骨董を買うのが良いのか?など議論に熱がこもりつつ楽しい回となりました。ぜひご覧ください。

  •  【終了】オンライン・トークイベント
    「香合のたのしみ 有馬賴底コレクション」


    古美術・骨董月刊誌「目の眼」骨董トーク
    「香合のたのしみ 有馬賴底コレクション」

    talk202105_final
    5月号特集は茶道具の香合を採り上げました。香は、空間や心身のけがれを祓うために焚かれるもので、茶事でもその初めに用いられます。

    今回の骨董トークでは、臨済宗相国寺派管長の有馬賴底猊下にご披露いただいた香合コレクションを中心に、美術館の所蔵品や古美術店で撮りおろした香合をご紹介します。今号で初公開の品もありますので、誌面では紹介しきれなかったカットもご覧いただきたいと思います。

    日時:2021年4月30日(金)15:00〜
    概要:トークイベント(1時間ほど)
    参加費:無料
    受付期間:受付中〜4月30日(金)15:00(トーク開始時間まで)
    方法:Zoomからオンライン視聴

    ※本誌をお持ちでなくともご参加いただけます。
    ※事前にZoomアプリをダウンロードしていただく必要がございます。
    →Zoomアプリのダウンロードはこちらがおすすめです。 https://zoom.us/download#client_4meeting

    お申し込みは以下のフォームより
    https://zoom.us/webinar/register/WN_kEZs45MUSJixYEvgcOvz0g

  •  「目の眼」5月号”香合のたのしみ”本日発売!

    【2021年4月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」5月号
    特集「香合のたのしみ 有馬賴底コレクション」

    202104.535
    5月号特集は茶道具の香合を採り上げました。香は、空間や心身のけがれを祓うために焚かれるもので、茶事でもその初めに用いられます。特集冒頭では臨済宗相国寺派管長の有馬賴底猊下にご登場いただき、形物香合を中心に40点ものコレクションをご披露いただきました。

     

    後半では、野村美術館所蔵の格の高い漆香合の名品のほか、さらに京都・大坂・東京の古美術店をめぐって多くの優品を撮り下ろしでご紹介します。図録や名鑑などで広く知られた名品もあり、また初公開の品もあり、ページをめくるだけでも愉しんでいただけると思います。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

ページトップへ