トピックス

  •  目の眼3月号 “高麗橋𠮷兆 湯木貞一の数寄”本日発売!

    【2021年2月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」3月号
    特集「高麗橋𠮷兆 湯木貞一の美」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/469
     
    topics_gazou202203

    ◆特集 「高麗橋𠮷兆 湯木貞一の数寄」
    日本の伝統料理を進化・再構成し、おいしく工夫した料理を、選び抜かれたうつわに美しく盛り付け、四季折々の風情を採り入れた空間を愛でつつ食事をする。
    当時、その究極をめざしたのが、東の北大路魯山人と西の湯木貞一の2人。そしてその2人が大いに参考にしたのが「茶の湯」と「古美術」だったのです。

    特集の前半では、湯木貞一氏が半世紀をかけて蒐集したコレクションから「石山切」や「佐竹本三十六歌仙絵 在原業平」、「三色紙」と総称される古筆群、「志野茶碗 銘 広沢」など古美術ファンにとっては見逃せない名品とその見どころを解説。

    特集の後半には女優・剛力彩芽さんが登場。本誌で足かけ4年にわたって続いた連載「美の手ほどき」の総仕上げとして、大阪・高麗橋にある𠮷兆本店にてお茶会を初体験していただきました。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    https://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  【参加申込受付中】山口桂氏(クリスティーズジャパン代表)、杉本博司氏(現代美術作家)による特別講演会「美意識と銭意識」

    日本経済新聞社と目の眼による特別講演会の開催が決定!
    クリスティーズジャパンの代表を務める山口桂さんと、現代美術作家にして古美術コレクターの杉本博司さんによるビッグ対談が実現します。
    いま話題の「美意識」とは? アートとマネーに必須とされるセンスとは? 世界のアートシーンで活躍する辛口、直言のお二人が、国際的な視点から日本美術の未来について語り合います。

     

    nikkeievent220309

    詳細・お申込みはこちらから

    3月9日(水)19時開催|会場・オンラインライブ同時開催(有料)

    ※本講演会は日本経済新聞社イベント・企画ユニットの主催(協賛:目の眼)で開催され、日経IDにご登録いただいている方限定となります。詳細・お申し込みは、下記から申込WEBサイトへアクセスしてください。

     

     

    ◆ 日時:2022年3月9日(水)19時~20時40分終了予定
    ◆ 会場:日本経済新聞社カンファレンスルーム[会場・オンライン(ZOOM)同時開催]
    ◆ 料金:
     プランA|10,000円|会場参加費+雑誌講読料(1年間12冊)
     プランB| 8,000円|オンライン参加費+雑誌講読料(1年間12冊)
     プランC| 2,500円|オンライン参加費
    ◆ 締切:3月4日(金)まで
     ※プランAは定員100名になり次第、受付終了となります。

    ・参加者全員に『目の眼』1月号・2月号・3月号を提供いたします。
    ・プランAとBの参加者には、4月号より1年間、雑誌を定期発送いたします。

    本講演会の詳細・お申し込みは、日経IDイベントのウェブページでご確認ください。

  •  Youtubeマガジン「骨董トーク」
    2月号「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」

    kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
    今回は2022年2月号の特集「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」でご紹介している各地の美術館の取材動画をご覧いただきながら、幕末明治に生まれた各地のやきものの特徴や美術館の見どころについてお話します。

    ◆担当編集部員:安藤博祥

    《収録》
     佐賀県立九州陶磁文化館(佐賀県有田町)
     薩摩伝承館(鹿児島県指宿市)
     能美市九谷焼美術館(石川県能美市)
     瀬戸蔵ミュージアム(愛知県瀬戸市)
     眞葛ミュージアム(神奈川県横浜市)
     横山美術館(愛知県名古屋市)

    その他、2月号には清水三年坂美術館館長の村田理如さんや学習院大学教授の荒川正明さんをはじめ、研究者や古美術商などさまざまな人や場所を訪れ、当時の日本の時代背景や輸出陶磁の魅力を掲載しています。WEB無料公開中の本誌デジタル版とあわせて、骨董トークをお楽しみください。
     
    ご視聴はこちらから
    https://www.youtube.com/watch?v=8jqLl6xo1QM

     

    本誌2月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、2月号特集をよりお楽しみいただけます。
    https://members.menomeonline.com/books/458

  •  【定期購読】クレジットカードの自動継続支払が追加!

    定期購読のお支払いに、クレジットカードの自動継続サービスをご利用いただけるようになりました。
     
    自動継続サービスは、お客様から定期購読中止のお申し出がない限り、2年目以降も自動的に購読を継続させていただくサービスです。
    ご指定のクレジットカードから毎年講読料を引き落としいたしますので、一度お申込みいただくと、その後の継続手続きなく更新できます。
    お支払いをスムーズに! ぜひご活用ください。

    お申込み・詳細は、定期購読ページへ。
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

  •  目の眼2月号 “幕末明治のやきもの” 本日発売!

    【2021年1月17日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」2月号
    特集「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/458
     

    202104.535

    ◆特集 「幕末明治のやきもの 時代が生んだ超絶技巧」

    近年、精巧精密な技術で脚光を浴びている明治工芸ですが、やきものもその一端を担って世界にその優れた技巧で驚かせました。しかし、そのほとんどが輸出用として海外に送られ、作品が国内にほとんど残らなかったことが災いして、各地の骨董市にも出ることが少なく、古美術好きの眼に触れることもなかなかありませんでした。

    今号の特集は、世界に誇る明治のやきものです。その過程である幕末からの歴史をたどって、なぜ超絶技巧が生まれたのか、その理由と作品を紹介します。

    巻頭エッセイとして、京都の清水三年坂美術館の村田理如氏に京薩摩の魅力を書いていただき、また、学習院大学教授の荒川正明先生には、明治維新という時代が生み出した工芸について解説いただきました。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    https://menomeonline.com/about/backnumber_all/

  •  Youtubeマガジン「骨董トーク」
    1月号「神仏のみやび 春日信仰の古美術」

    kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
    今回は『目の眼』1月号の特集「神仏のみやび 春日信仰の古美術」で取り上げた「春日物」のご紹介とともに、特別展「春日神霊の旅ー杉本博司 常陸から大和へ」(神奈川県立金沢文庫)のプレス発表会の様子をご覧いただきます。

    ◆スピーカー:小林后子(月刊『目の眼』編集部・骨董トーク進行)

    《収録》特別展「春日神霊の旅 ー 杉本博司 常陸から大和へ」プレス発表会
     杉本博司氏(現代美術作家)
     瀬谷貴之氏(神奈川県立金沢文庫主任学芸員)
     *会場:ロンドンギャラリー白金[2021年10月26]

    ご視聴はこちらから
     ⇨ https://youtu.be/qYIFWl5E_VI

     

    本誌1月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、1月号特集をよりお楽しみいただけます。
    https://members.menomeonline.com/books/448#p=1

  •  目の眼1月号 “神仏のみやび” 本日発売!

    【2021年12月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」1月号
    特集「神仏のみやび 春日信仰の古美術」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/448
     

    202104.535
    ◆特集 「神仏のみやび 春日信仰の古美術」
    奈良に鎮座する春日大社は、氏神として崇敬した藤原氏によって豪華で雅びな鏡などの調度や武具が奉納され、「平安の正倉院」とも称されています。平安美術の宝庫であることに加え、春日曼荼羅、仏画や仏像、厨子などの器物は、仏教神道美術の愛好家にとって王朝貴族のみやびを伝える憧れとなっています。

    1月号の特集では、2022年1月29日から神奈川県立金沢文庫で開催される展覧会をはじめ、個人コレクターや古美術店を独自に取材し、春日信仰の古美術をさまざま紹介しています。

    春日大社宮司・花山院弘匡さんへのインタビューのほか、杉本博司さんと田島充さん(ロンドンギャラリー)の対談、白洲信哉さんによる ”春日信仰と若宮おん祭” をめぐるエッセイを掲載。春日信仰に関する古美術品の数々から、日本の神と自然とのつながりを紐解きます。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    https://menomeonline.com/subscription-guide/

  •  年末年始休業のお知らせ

    2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)は、誠に勝手ながら、年末年始休業とさせていただきます。

    この期間中、お問合せへのご対応はできませんのでご注意ください。
    なお、注文のお申し込み、お問合せメールの受信などはお受けしております。
    お問合せ・ご注文は1月5日(水)以降、順次対応いたします。

     

    ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

  •  Youtubeマガジン「骨董トーク」
    12月号「古美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」

    kottotalk_202110

    【配信開始】
    毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
    今回は「美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」と題して、19世紀末から戦前までの短期間で海外進出に成功し、国際的な東洋美術コレクションに影響を与えた古美術商・山中商会について特集しています。12月の骨董トークは、本誌で掲載しきれなかった山中商会の様々な写真資料をご覧いただきながら、その歴史を紐解きます。

    ◆スピーカー:小林后子(月刊『目の眼』編集部)
    ※写真提供:山中商会

    ご視聴はこちらから
     ⇨ https://www.youtube.com/watch?v=Z4iOESpaC-8

     

    本誌12月号は、ただいま目の眼ホームページにて全ページ無料公開中です。Youtube動画をみれば、12月号特集をよりお楽しみいただけます。
    https://members.menomeonline.com/books/437

  •  「目の眼」12月号 “古美術の世界商社”本日発売!

    【2021年11月15日発売】

    古美術・骨董月刊誌「目の眼」12月号
    特集「古美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」


    ◇全ページ無料公開中
    https://members.menomeonline.com/books/437
     

    202104.535
    ◆特集「古美術の世界商社 山中商会が広めた東洋の美」
    近年、美術品マーケットはオークションによる取引が主流になり、それに伴い、古美術品の売買には作品の来歴=プロビナンスがより重視されるようになっています。そのなかで、中国美術をはじめとする東洋美術品の来歴を見ると、約100年前、膨大な古美術品の取引で海外展開を進めた日本の古美術商「山中商会」の名がたびたび登場します。本特集では、世界の東洋美術コレクションに大きな影響を与えた山中商会の歴史と扱った名品、山中商会の再評価につながる展覧会やシンポジウムなどの最新情報をご紹介します。

     

    販売価格:1320円(税込)
    ご購入はこちらから
    その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

    【特別価格】
    定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
    https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

    そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
    http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

ページトップへ