三徳庵トークショー「お茶つながりがおもしろい Vol.8 」

茶道文化の研究・振興活動を行っている公益財団法人三徳庵では、同理事長で大日本茶道学会会長の田中仙堂氏が、様々な分野で活躍する方々を招き、日本文化について語り合うトークショーを開催しています。第8回は、萩焼15代坂倉新兵衛氏をゲストに、陶芸と茶道との共通点を見出しながら、日本の伝統文化に秘められた美しさをテーマに語り合われるそうです。ご興味ある方は、下記三徳庵事務局へお問合せ下さい。

 

公益財団法人 三徳庵 トークショー

「お茶つながりがおもしろい Vol.8『作り手の心に近づく』」

日時:8月26日(土)13時30分開場 14時開演

会場:日経ホール 東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3階

チケット:前売り券4,320円 当日券4,860円 全席自由

お問合先:公益財団法人三徳庵 03-5379-0753

HP: http://www.santokuan.or.jp

 

三徳庵画像

左:公益財団法人三徳庵理事長・大日本茶道学会会長 田中仙堂(たなか せんどう)氏

1958年東京都生まれ 2017年1月大日本茶道学会会長就任

右:萩焼十五代 坂倉新兵衛(さかくら しんべえ)氏

1949年山口県生まれ 1978年十五代坂倉新兵衛を襲名

山口県指定無形文化財萩焼保持者

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。