Ceramics | やきもの

編集部のお勧め記事

茶の湯にも取り入れられた欧州陶磁器

阿蘭陀と京阿蘭陀

Ceramics | やきもの

日本の心を映すヨーロッパの器。16世紀、ヨーロッパとの直接交易が始まって約500年。その間に、様々なものが日本とヨーロッパの間を行き交い、新たに色々なものが生まれました。東西の出会いが生んだ美を、陶磁器を中心にご紹介します。

Mail Magazine
メールマガジン購読

連載|真繕美

唐津の肌をつくるー唐津茶碗編 最終回 

Ceramics | やきもの

修復師・繭山浩司さん・悠さんを訪ねての、やきもの修復現場レポート。 今回はいよいよ唐津茶碗編の最終回。仕上げの工程をご覧いただきましょう。

展覧会情報

今秋、約50年ぶりのはにわ展/東京国立博物館

Ceramics | やきもの

縄文アートプライベートコレクション

いまに繋がる、縄文アートの美と技

Ceramics | やきもの

連載|真繕美

古唐津の枇杷色をつくる – 唐津茶碗編 2

Ceramics | やきもの

連載|真繕美 唐津茶碗編

日本一と評される美術古陶磁復元師の妙技1

Ceramics | やきもの

源氏モノ語り

秘色青磁は日本に来たか

Ceramics | やきもの

連載|美の仕事・茂木健一郎

テイヨウから、ウミガメに辿りついたこと(壺中居)

Ceramics | やきもの

白磁の源泉

中国陶磁の究極形 白磁の歴史(1)

Ceramics | やきもの

白磁の源泉

中国陶磁の究極形 白磁の歴史(2)

Ceramics | やきもの

LOAD MORE