”白洲信哉氏と呑み語る会”参加者募集

残り僅か!!
目の眼BOOKS第一弾『旅する美』発売記念イベント
”白洲信哉氏と呑み語る会”
限定18名のお席ですが、残り僅かとなっています。
貴重な話だけでなく、旅と骨董の余韻を楽しみながら頂くご飯やお酒は絶品です。
ぜひこの機会をお見逃しなく!!

<開催概要>
日時:2018年11月24日(土)、14:30〜17:00予定
参加費:1名 12,000円(『旅する美』1冊、軽食・ドリンク付き)
会場:「麻布郡司」
 東京都港区元麻布3-11-2 カドル麻布十番2F
アクセス:
 東京メトロ南北線 麻布十番駅 徒歩3分
 都営大江戸線 麻布十番駅 徒歩3分
 東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩9分
 http://www.bacca.net/azabugunji/
申込方法:
 FAX(03-6721-1153)、
 メール(info●menomeonline.com)
 ※メールは、●印を@マーク(半角)に置き換えてご送信下さい。
 電話(03-6721-1152)まで、下記の内容をお知らせください
 ・代表者名
 ・参加人数(2名様まで可)
 ・ご住所
 ・電話番号
 ※あれば、メールアドレスもお知らせください
 ※申込後のキャンセルは原則不可
申込〆切:定員に達し次第
問合せ先:目の眼石井
TEL:03-6721-1152
sirasu

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。