【お知らせ】月刊誌「目の眼」2023年1月号より価格改定

読者の皆さま、日頃より月刊誌「目の眼」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
「目の眼」は、2023年1月号 556号(2022年12月15日発売)より、1,650円(税込)に価格を改定いたします。今後はカラーページを増やし、より充実した誌面をお届けできるよう努めてまいります。
 
◆新価格 「目の眼」2023年1月号 556号(2022年12月15日発売)以降◆
1,650円(本体価格1,500円)

 
———————————————–
 
定期購読料につきましては、2023年4月から以下の講読料に改定いたします。
 
◇ 2023年4月以降の定期購読料 ◇
●自動継続あり(クレジットカード、銀行引落) 11,000円
●自動継続なし(クレジットカード、コンビニエンスストア、郵便振替) 12,000円

 
** お申込みはお早めに! **
2023年3月末まで、現在の定期講読料1年間12冊 10,000円(消費税・国内送料込)でお申込みを受け付けております。この機会に、ご購読をお申込みください。
 
 
** 現在、定期購読中の皆さまへ **
2023年10月号までの更新予定で、「自動継続なし」のプランをお選びの方に限り、2023年3月末までにお申込みいただければ、1年分の事前更新をお受けします。「自動継続あり」のプランで定期購読されている場合は、事前の更新をお受けできませんので、ご了承ください。
(更新に関するお問い合わせ info@menomeonline.com

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。