【お知らせ】月刊誌「目の眼」2023年1月号より価格改定

読者の皆さま、日頃より月刊誌「目の眼」をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
「目の眼」は、2023年1月号 556号(2022年12月15日発売)より、1,650円(税込)に価格を改定いたします。今後はカラーページを増やし、より充実した誌面をお届けできるよう努めてまいります。
 
◆新価格 「目の眼」2023年1月号 556号(2022年12月15日発売)以降◆
1,650円(本体価格1,500円)

 
———————————————–
 
定期購読料につきましては、2023年4月から以下の講読料に改定いたします。
 
◇ 2023年4月以降の定期購読料 ◇
●自動継続あり(クレジットカード、銀行引落) 11,000円
●自動継続なし(クレジットカード、コンビニエンスストア、郵便振替) 12,000円

 
** お申込みはお早めに! **
2023年3月末まで、現在の定期講読料1年間12冊 10,000円(消費税・国内送料込)でお申込みを受け付けております。この機会に、ご購読をお申込みください。
 
 
** 現在、定期購読中の皆さまへ **
2023年10月号までの更新予定で、「自動継続なし」のプランをお選びの方に限り、2023年3月末までにお申込みいただければ、1年分の事前更新をお受けします。「自動継続あり」のプランで定期購読されている場合は、事前の更新をお受けできませんので、ご了承ください。
(更新に関するお問い合わせ info@menomeonline.sakura.ne.jp

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。