「赤木明登:茶の箱展」が開催中

『目の眼』の連載コラム「座右のかたち」の執筆者、赤木明登さんの作品展示会が、
東京・銀座思文閣で開催中です(~3/12迄)。
新作の「茶の箱」12点のほかにも、椀や洋皿などの品々が揃っています。
赤木氏の様々な作品を東京でご覧いただける機会ですので、お見逃しなく。

 

赤木明登 茶の箱展
> 会場:銀座思文閣

[東京都中央区銀座5丁目3番12号 壹番館ビルディング  Tel: 03-3289-0001]
> 期間:開催中~3月12日(日)まで

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。