「古美術からみる東大寺の美~二月堂焼経と日の丸盆を中心に」展開催中

本日6月14日(木)より東大寺本坊大広間にて「古美術からみる東大寺の美」展が開催しております。

東大寺日の丸盆と二月堂焼経を中心に、東大寺所蔵品をはじめ、個人蔵の東大寺ゆかりの品々も合わせて展示します。

 

東大寺_チラシ表

 

会期:6月14日(木)から28日(木)

会場:東大寺本坊大広間(奈良市雑司町406-1東大寺南大門を入り右手東大寺本坊内)

拝観時間:9:30から17:30

拝観料:中学生以上1000円 小学生500円

問合せ:0742-22-5511

http://www.todaiji.or.jp/

 

6月16日(土)には白洲信哉氏のギャラリートーク 『 古美術入門 』が行われます。

●講師:白洲 信哉 氏
●日時:6月16日(土)
 第一部11:00~11:30 (開場10:30) / 第二部14:00~14:30 (開場13:30)
●会場:東大寺本坊内 写経道場
●定員:30名(先着順)
●※聴講は無料ですが、「古美術からみる東大寺の美」展の拝観料が必要です。
 各講演の1時間前より受付にて入場整理券をお一人様につき1枚配布致します。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。