目の眼展覧会・骨董市・イベント動向情報4月8日

目の眼展覧会・骨董市・イベント動向情報4月8日
●国の緊急事態宣言により、東京など対象地域では5月6日まで博物館や美術館が相次いで閉鎖されており、展覧会も中止や延期になっています。京都や名古屋など、その他の地域でも休館延期が相次いでいます。
●イベントや骨董フェアでも、美術骨董ショーが5月1日〜5日が8月1日〜5日に延期されるほかは、4月23日〜25日の東京 アート アンティーク〜日本橋・京橋 美術まつり、ゴールデンウイークの平和島 全国古民具骨董まつり、唐津やきもん祭りなど、ほとんどのイベントが中止に追い込まれています。
●ギャラリーではデパートが休業により日本橋三越本店、日本橋高島屋、京王新宿店、横浜高島屋、大阪髙島屋などの美術ギャラリーも閉鎖されているほか、一般のギャラリーでも展覧会が中止や延期になっています。
●目の眼4月号131ページ広告掲載4/22〜25の日下尚雅堂中国美術の楽しみ展など、銀座6丁目3店合同企画展は中止です。
●京都美術倶楽部の京都正札市、金沢美術倶楽部の若筍の会、大阪美術倶楽部正札会、東京美術倶楽部の東美特別展も中止です。
●日本橋・京橋、南青山など東京の古美術店では休業しているお店が増えています。
動向次第で休館や休業が延びる場合もありますので、インターネットなどでご確認下さい。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。