【終了】オンライントークイベント 「編集者とめぐる古代のやきもの革命 須恵器・猿投」

【終了】
古美術・骨董月刊誌「目の眼」骨董トーク
〜編集者とめぐる古代のやきもの革命 須恵器・猿投〜

202102talkivent
古墳時代から平安時代にかけて作られた須恵器は、硬く水を漏らさないことから、保存ができる器として日本中に瞬く間に広がりました。その須恵器に釉のコーティングという付加価値で商品価値を高めたのが愛知県の猿投窯。
現代に繋がる日本陶磁のルーツとして、古代陶器の技術革新を「目の眼」の編集担当者がご紹介します。
また、現代数寄者のおひとりである潮田洋一郎さんの新連載もあわせてご紹介します。

日時:2021年1月30日(土)15:00〜
概要:トークイベント(45分ほど)
参加費:無料
受付期間:受付中〜1月30日15時(トーク開始時間まで)
方法:Zoomからオンライン視聴

※本誌をお持ちでなくともご参加いただけます。

お申し込みは以下のフォームより
https://zoom.us/webinar/register/WN_p33PMQ61ThiU1fy8lsRJEg

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。