Youtubeマガジン「骨董トーク」 7月号「書の宝庫 日本 名筆をみる、よむ」

kottotalk_202207

【配信開始】
毎号の読みどころを紹介しているYouTubeマガジン「骨董トーク」。
本特集では、古写経、かな、墨跡、近現代書の4つに分けて、書の変遷や名筆をご紹介しています。今回のYouTubeマガジン「骨董トーク」では、特集のダイジェスト版として各ジャンルについて紹介します。また、本誌には古筆の逸品を扱う古美術店4軒を掲載していますが、骨董トークでは、その中から東京・京橋の五月堂に伺い、店主の上野哲さんに伝西行筆の五首切「歳暮」の断簡と、天平時代の金光明最勝王経断簡を見せていただいた様子をご覧いただけます。

 
◆担当編集者:井藤丈英、小池知嵯(月刊『目の眼』編集部)

 
ご視聴はこちらから
https://youtu.be/NNOeVOJXWSU

 

本誌7月号の詳細はこちらから
https://menomeonline.sakura.ne.jp/menome/blog/2022/06/15/4413/

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。