古伊万里を装う

 

アリタノカタチ展の会場で流していた目の眼連載「古伊万里を装う」の
1〜10月号ダイジェストです。
器解説:鈴田由紀夫(佐賀県立九州陶磁文化館館長)
協力:廣瀬和彦(懐石一文字) 池谷正夫(池正)

11月1日発売の12月号が連載の最終回です。お近くの書店に注文なさるか、

アマゾンからのご購入をお願いします。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。