古伊万里を装う

 

アリタノカタチ展の会場で流していた目の眼連載「古伊万里を装う」の
1〜10月号ダイジェストです。
器解説:鈴田由紀夫(佐賀県立九州陶磁文化館館長)
協力:廣瀬和彦(懐石一文字) 池谷正夫(池正)

11月1日発売の12月号が連載の最終回です。お近くの書店に注文なさるか、

アマゾンからのご購入をお願いします。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。