「白洲正子ときもの」展

東京銀座の松屋で特別展「白洲正子ときもの」展が27日から1月16日月曜まで催されます。目の眼でも2月号の中で、小特集として、「白洲正子ときもの」展を紹介。きものだけでなく、白洲正子の愛用品も展示されていて、正子の心地よく生きるヒントがもらえそうです。また、白洲信哉編集長が白洲正子の歩いた「春日の春日の国」をたどる紀行文を載せています。目の眼2月号は書店では29日発売ですが、特別展会場でも明日27日から販売しています。「白洲正子ときもの」展へぜひおでかけください。%e8%a1%a8%e7%b4%991702ol

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。