2/25大美アートフェアで編集長 白洲信哉が講演会

2月25日(土)の14時から大美アートフェアの特設会場にて
「目の眼」編集長の白洲信哉が講演会を行います。

会場:大阪美術倶楽部(大阪府大阪市中央区今橋2-4-5 )
http://www.daibi.jp/artfair2017/
[入場無料] − ご自由にお越しください。なお、講演会入場者数は120名程です。
※会場の都合上、入場を制限させていただく場合がございます。
最初の1時間ほど講演を行います。残り30分は質問コーナー予定です。

当日、会場にて本をご購入の方はサイン会に参加できます。

大美アートフェアは厳しい審査を経た大阪美術商業組合に加盟の美術店が一堂に集まる骨董・美術品展示販売会です。歴史ある大阪美術倶楽部の全館で展開される膨大な量の出展作品を、ゆっくりとお楽しみ下さい。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。