MIHO MUSEUMにて「和ガラスの美を求めて」が開催中

「目の眼」6月号にて特集しましたMIHO MUSEUM「和ガラスの美を求めて-瓶泥舎コレクション-」が開催中です。本日より第7章に飾られている特別出品が展示替えになっております。

 

開催中の5月10日(水)に開館以来の入場者数が累計250万人に達しました。当日は美術館棟エントランスホールにて記念のセレモニーが行われました。

 

ミホ1

 

和ガラスの美を求めて-瓶泥舎コレクション-
期間:6月18日(日)まで
時間:10時-17時(入館は16時まで)
観覧料:一般1100円 高大生800円 小中300円
住所:滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
問合せ:0748-82-3411
ホームページ:http://miho.jp

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。