野辺の骨董18回

目の眼オンラインだけで読める現役92歳の古美術・民芸愛好家が著す「野辺の骨董」。今回は九州の民陶のなかでも人気の高い小鹿田焼を取り上げます。長老ならではのエピソードのいろいろをお楽しみください。こちらから。インデックスはこちら
tanaka2017-09-01

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。