東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつりが4/26~4/28に開催

毎年恒例の「東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつり」が今週末開催されます。
チャリティー入札会やトークショーなどのイベントが予定されています。
「目の眼」でお馴染みの古美術店でも様々な企画展が開催されます。

 

会期:4/26 (木) 、 27 (金) 、 28 (土) ※各店舗の営業時間に準ずる
東京都中央区日本橋・京橋を中心に89軒が参加
https://www.tokyoartantiques.com/

 

■ 下井美術
「樂のすべてが揃う即売会」
初代長次郎から十五代樂吉左衛門までの黒・赤茶碗の逸品が一堂に揃います
会期:4/26(木)~6/26(火)
住所:東京都中央区京橋1-14-6京橋宏陽ビル1F
電話:03-3535-2522

 

■ 骨董の店 甲斐
「彫刻家K.S氏の墨壺コレクション展」
会期:4/18(水)~4/28(土)
住所:東京都中央区京橋2-11-10京清堂2階
電話:03-6228-7540

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。