葛飾北斎「冨嶽三十六景」増補版好評発売中

『増補版 葛飾北斎「冨嶽三十六景」を読む』好評発売中。斬新な切り口で話題を呼んだ精神科医・有泉豊明氏の著書が大幅な加筆修正で増補版として発刊しました。あらためて有泉ワールドの北斎解説をお楽しみください。正真(せいしん)解説=精神科医説など、ユーモアも効いています。
アマゾンなどで売り切れの場合には、目の眼に直接ご注文ください。ウエッブカード決済、コンビニ決済、到着後の郵便振替でお支払いが可能です。送料は無料です。トップページの書籍案内などからご注文ください。
書店でご注文の場合は1週間ほどでお手元に届きます。
なおアマゾンの中古本は初版が出品されています。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。