「目の眼」6月号 “小壺を慈しむ”本日発売!

【2021年5月17日発売】

古美術・骨董月刊誌「目の眼」6月号
特集「小さな壺を慈しむ 蹲、お歯黒壺、六古窯」


※緊急事態宣言の延長に伴い、本号に掲載している企画展やイベントが延期・中止となっている場合があります。必ず事前に各会場・店舗のHPやSNSページをご確認の上お出かけください。改めて開催される可能性もありますので、その際は目の眼でもお知らせしていく予定です。

202104.535
六古窯(ろっこよう)と称される常滑・信楽・瀬戸・丹波・備前・越前の古窯を中心に小壺の魅力を紹介します。
古窯では壺、甕(かめ)、摺鉢(すりばち)が生活道具の“三種の神器“として作られていましたが、美への作為がないだけに、自然の花や草木がよく映え、うつわの表情もいきいきとします。小壺には大きな壺にはない愛らしさがあり、蹲(うずくまる)、お歯黒壺は小壺ならではの味わいが楽しめます。
 
土鍋で知られる圡楽窯・福森雅武さん、自然の姿で花を生ける「なげいれ」の横川志步さんをはじめとして、各取材先で小壺に花を生けて頂き、色彩にあふれた特集になりました。

 

**************************************************************************
【緊急事態宣言延長に伴うイベント中止・延期情報】(5/17時点)
・日本民藝館:「日本民藝館改修記念 名品展Ⅰ」→開館・開催中
・BANKO artchive design museum:「白い茶碗」→開館・開催中

・東京国立博物館:特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」→休館・再開未定
 https://chojugiga2020.exhibit.jp/
・刀剣博物館:「刀剣リターンズ展」→休館・再開未定
 https://www.touken.or.jp/museum/
・永青文庫:「心のふるさと良寛Ⅱ」→休館・再開未定
 https://www.eiseibunko.com/
・大阪市立東洋陶磁美術館:「黒田泰蔵展」→休館・再開未定
 https://www.moco.or.jp/

・道具屋めいてい研究所こっとう市:8/21(土)〜22(日)に延期

壺中居:「三宅一樹 木彫刻展 ”聖櫃”」
 →会期日程変更、6/22(火)〜7/2(金) 11:00〜17:00 ※会期中無休
祥雲:「企画展 花」→5/31まで休業・企画展見合わせ
しぶや黒田陶苑:「曜変天目 瀬戸毅己展」→営業・5/21(金)〜25(火)開催
潮音堂:「仏教絵画と古写経」→開催延期、6/3(木)〜6(日) 店内2組まで 予約優先
art stage OSAKA 2021→開催中止
**************************************************************************

 

販売価格:1320円(税込)
ご購入はこちらから
その他お近くの書店、ネット書店でお買い求めいただけます。

【特別価格】
定期購読 ¥10,000/年間(12冊)
https://menomeonline.com/blog/2020/01/15/2493/

そのほかバックナンバーも充実しています。酒器・浮世絵・仏像・勾玉etc.
http://menomeonline.com/about/backnumber_all/

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。