新サービスのご案内

この夏、『目の眼』 デジタル版+紙版 二刀流での刊行スタート

Others | そのほか

月刊誌『目の眼』は今年で47年目を迎えました。

2013年に本誌のリニューアルを行ってからの10年の間、私たちのライフスタイルは多様に広がり、『目の眼』をご愛読いただいている皆さまも、紙雑誌を好む方から、パソコンやスマートフォンでデジタル雑誌を好む方まで、『目の眼』を通して骨董・古美術の愉しみ方に触れるスタイルが広がりました。

 

この夏から、『目の眼』はデジタル雑誌の月額読み放題サービスを開始します。

デジタル版・紙版ともに、これからも人とモノに注目しながら骨董・古美術の“不思議”を解明し、さまざまな情報をお届けしていきます。

 

 

 

 

〈今夏スタート〉

『目の眼』デジタル月額読み放題サービス開始!

創刊から約半世紀の歴史を刻む雑誌『目の眼』のバックナンバーから最新号までを集めた“目の眼デジタルコレクション”の読み放題サービスがスタートします。

秋からは、サービス利用者限定のデジタルブックも発行予定。 日本の骨董・古美術事情が詰まったコレクションをお楽しみください。

 

 

 

 

〈今秋スタート〉

雑誌『目の眼』が大リニューアル

雑誌『目の眼』は、今年10月号(9月17日発売予定)から誌面を大幅リニューアルし、紙版とデジタル版を交互に刊行するハイブリッド刊行へ。

紙版は隔月発行となり、現在より判型を大きくしてデザインも一新。カラーページを充実させ、色や解像度の高い紙ならではの誌面をお届けします。

 

 

 

 

会員募集やサービスのお申込方法は、目の眼公式サイトとSNSで順次告知していきます。

どうぞご期待ください。

 


 

紙版・雑誌『目の眼』の定期購読について

2024年5月をもちまして、月刊『目の眼』の定期購読受付は終了いたしました。

2024年10月号からスタートする紙版・隔月刊『目の眼』の年間定期購読プランを準備中ですので、受付開始まで今しばらくお待ちください。

 

現在、定期購読をご継続中の皆さまには、隔月刊発行となった後も、ご購読期間にあわせて配送させていただく準備を進めております。

6月号・7月号の雑誌配送時に同梱するお手紙をご一読いただきますようお願い申し上げます。

 

*定期購読ご継続中の方向けのお問合せをまとめています >>  〈Q&A お問合せについて〉

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年6月号 No.573

古美術をつなぐ

「 美の仕事」の現在地

美術が珍重される背景には古美術商の努力がありました。活躍してきた良い古美術のコレ数奇者クションをつくるには、信頼できる古美術商とのかかわりが欠かせません。 江戸時代の大名、明治以降の近代数奇者と深いつながりを持っていた茶道具商、世界に東洋の美を広めた山中商会、作家や芸術家との縁が深かった京都や日本橋京橋の大店など、古美術商には古美術を見極める眼力を持ち合わせているだけでなく、個性的で人間味にあふれている方が多いようです。長い命を持つ美術品を過去から未来へと繋ぐ古美術商とその仕事について紹介します。