目の眼5月号訂正&情報

目の眼5月号掲載の4月15日現在の修正と情報をお送りします。

57頁 御茶盌窯記念館データ→当面の間月・水曜休館
61頁 上原永山堂→休業中 アポイント制
63頁 利菴アーツコレクション→臨時休業中 アポイント制
83頁 スペシャルインタビュー
   京都市京セラ美術館→5月6日まで休館中
   データ 住所→京都市左京区岡崎円勝寺町124
85頁 細見美術館→5月6日まで休館中
87頁 姫路市立美術館展覧会→来年に延期
   江之浦測候所→5月6日まで休館中
※なお、82頁から87頁はホームページの無料公開ページでは訂正しています。
102頁広告 平和島骨董まつり→中止
124頁広告 アンティークモール銀座→臨時休業中
143頁 壺中居→5月6日まで休業中
144頁 東京アートアンティーク→中止
145頁 銀座6丁目3店合同企画展→中止
    ミュージアム李朝→当面の間アポイント制
146頁 良寛記念館→5月6日まで休館中

※コロナウイルスの状況により日々変わっています。最新の情報は個々のホームページをご覧ください。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。