ME NO ME  Japanese Arts and Antiques【English】

「目の眼」初の英語書籍版が刊行。
世界からの関心が高まっているジャパニーズ・カルチャーのなかで、最も奥深いといわれる古美術の世界。その不思議な魅力あふれる世界を、今を牽引する日本人コレクターやディーラーへのインタビュー記事、古陶磁、茶の湯、刀剣、根付、生け花など、過去の人気ジャンルからセレクトし、美しい写真と共にたっぷりと紹介します。

 

In this English-language issue, we selected features from the past issues of monthly antique art magazine “ME NO ME (Japanese Edition), focusing on interviews and stories of Japanese contemporary artists (Sugimoto Hiroshi), art collectors, and art dealers that represent the current antique art scene of Japan. Furthermore, Japanese old pottery, flower arrangements (Ikebana), Japanese dishes, Netsuke, and variety of Japanese antique art works are introduced with beautiful photos.

 

Special Interview
Sugimoto Hiroshi –
Signs of divine presence behind Japanese Artistry

Collector’s File
Maezawa Yusaku
Souda Kansui
Sato Tatsumi

IKEBANA : Breathing life into an antique
Ikenobo Sen’ei, 45th Generation Ikenobo Headmaster
Ikenobo Senko, Ikenobo Headmaster Designate

Art Collector Vanguards : Past and Present of Antique Art
Toda Hiroshi, Tanimatsuya Toda
Inoue Shigeo, Kochukyo Co., Ltd.
Kawashima Tadashi, Mayuyama & Co., Ltd.
Yanagi Takashi, Oriental Fine Arts “Yanagi”
Tajima Mitsuru, London Gallery

Dressing up KOIMARI
Koimari ware in its formal attire.
Shoki Imari, Kakiemon and Nabeshima with fine cuisine to complement the wonderful examples of Koimari masterpieces.

SHIN ZEN BI – il restauratore
A special inside report on the art of antique ceramics restoration by Mayuyama Koji and Mayuyama Yu.

NETSUKE
The mystical world of spirits and demons

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。