【受付終了】#目の眼ハッシュタグキャンペーン

topics20210104
投稿&フォローで当たる!
古美術・骨董月刊誌「目の眼」
ハッシュタグキャンペーン

 

【募集期間】
2020/12/25~2021/1/25
※本キャンペーンの受付は終了いたしました

 

【媒体】
Twitter

 

【参加方法】
・上記期間内にTwitterで月刊「目の眼」、もしくは古美術・骨董に関する画像にハッシュタグ「#目の眼キャンペーン」をつけて投稿。
・目の眼公式Twitterアカウント(@menomeonline)をフォロー
この2つの条件をみたした方の中から抽選で目の眼グッズをプレゼント。

 

【プレゼント内容】
1:Quoカード 3名
2:バックナンバー1冊(魯山人12月号or古九谷1月号) 30名
3:目の眼オリジナルグッズ(ルーペ&メジャー) 20名

 

【注意事項】

・投稿写真については、著作権などの権利のすべてが応募者に帰属するもの、 および被写体の肖像権など、他者の諸権利を含む作品のうち、権利者の承認を得たものに限らせていただきます。
・万一、投稿写真について、第三者と紛争等が生じた場合は、応募者ご自身の責任と費用負担によって解決するものとし、当社および他の応募者に対し一切迷惑をかけないものとします。
・ご応募いただく投稿で第三者を誹謗中傷し、又そのプライバシーを侵害するもの、又その恐れがある内容に相当する場合は、主催者が判断し通知問わず応募対象外とします。予めご了承ください。

 

【問い合わせ先】

株式会社目の眼 石井03-6721-1152土・日・祝日・〈2020年12月28日(火)~2021年1月4日(月)を除く〉

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。