朱漆「根来」中世に咲いた華

根来塗の名品400点以上を収録。2013年にMIHO MUSEUMで開催された展覧会「根来」の公式カタログ!
東大寺所蔵 重要文化財「二月堂練行衆盤」全11枚、映画監督 黒澤明旧蔵の輪花盆など、本邦初収録の名品を掲載。
収録点数400点以上、圧巻のカラー300ページ。
類書はすべて絶版。根来塗を参照するにはこの本にあたるしかありません。希少性と資料性を兼ね備えた一冊です。

 

「根来」概説  河田貞

|図版|
第1章  祈りの造形
第2章  華やぐ器物 —膳具・厨房具
第3章  酒器と茶道具
第4章  朱のしつらえ —調度・文房具など

絵画資料
参考資料

根来寺の実像 伝法会、朱漆経机のことなど  
——中川委紀子
中世「根来」の工房を支えた木地師集団の謎に挑む  
——北野信彦
日本美・朱漆「根来」 中世から近現代へ 
——桑原康郎

解説
根来記載資料
紀年銘「根来」
参考文献
作品リスト

Negoro : Efflorescence of Medieval Japanese Lacquerware

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。