目の眼最新号 2016年8月号 No.479 08月1日発売 1,080円

目次

  • イメージ

    特別誌上注文サイト 新オープン

    目の眼8月号 特別誌上注文サイト

  • イメージ

    目の眼について

    1977年創刊の月刊誌『目の眼』は、骨董・古美術を愉しみを通して、世界に稀な日本の美意識を紹介しています。編集長 白洲信哉

  • イメージ

    書籍のご案内

    『目の眼』から生まれた書籍・図録のご紹介。
    あなたの本もつくります。

  • イメージ

    目の眼サロン

    六本木・東京ミッドタウン3F、骨董・古美術を見て・ふれて・買えちゃう体験ショップ

  • イメージ

    広告出稿をご検討のお客様へ

    『目の眼』では広告を募集しています。
    広告料金・サイズなどは媒体資料をダウンロードしてご覧ください。

目の眼ニュース

  • 「お茶つながりがおもしろい vol.7『シルエットに魅せられて』

    大日本茶道学会茶道の保存・伝承に努める三徳庵が主催し、各界のプロフェッショナルをゲストに日本文化の価値観を美意識を再発見していくトークショーイベント。第7回は、「日本刀と茶道の共通点」というちょっと意外な面白いテーマ。ご興味ある方は参加してみてはいかがでしょうか。
    三徳庵理事長・大日本茶道学会副会長の田中仙堂氏と、刀匠の宮入小左衛門行平氏が対談します。

    8月27日(土)14時開演(13時30分開場)
    東京・千代田区 日経ホール
    東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F
    入場料4.320円(当日4860円)
    前売・お申込み 03-5379-0753(三徳庵)

    http://www.santokuan.or.jp

  • 【訂正】目の眼2016年8月号 
    P123 山口県立萩美術館・浦上記念館
    誤り☓「図変り」大皿の世界 伊万里染付の美 ~8/16
    正 ◯ 最初の人間国宝 石黒宗麿のすべて 7/2~8/28 

    今治市河野美術館
    誤り☓ 山口県萩市平安古町586-1 TEL0838-24-2400
    正 ◯  愛媛県今治市旭町1丁目4−8 TEL0898-23-3810

    関係者の皆様には大変申し訳ございませんでした。お詫び申し上げます。

  • 目の眼の連載「気になる新しい骨董屋たち」でもおなじみの勝見充男さんが、東京渋谷のぎゃるり あじゅーるで「”自在屋” 夏の小さな即売会」を7月9日(土)〜18日(月・祝)に催します。夏らしいガラス器や勝見さんお得意の酒器が並びます。ぎゃるり あじゅーるは渋谷駅から徒歩3分のセルリアンタワー東急ホテル1階。
    アジュール即売会

  • 目の眼オンラインのオリジナル記事、福岡市在住の田中孝さんが摘み・活け・撮り・語る「野辺の民藝」の第7回。瀬戸の徳利です。こちらから。 野辺の民藝を含む野辺の骨董のインデックスはこちら。

    tanaka2016-07-01

  • 目の眼×JTBロイヤルロード銀座、がコラボレーションした旅行企画が発売になりました。

    JTB_01JTB_02

    「森記念秋水美術館」を弊社社長の井藤がご案内し、魯山人ゆかりの地「山代温泉」の老舗旅館あらや滔々庵では、白洲信哉編集長が、魯山人の貴重な作品のこころを紐解く講演会を開催します。
    富山県南砺市では棟方志功ゆかりの地を訪ね、福光美術館や光徳寺に納められている貴重な作品の数々をご覧いただきます。

    見たことのある観光地巡りではなく「体験したことのない感動」を追求する、こちらの新シリーズ「白洲信哉編集長と訪ねる 日本が誇る美の世界」。
    目の眼は全面協力しております。

    詳細はこちらの電子パフレットの7Pと8Pでご覧になれます。
    http://ebook.jtb.co.jp/book/?A1854

    ぜひご覧くださいませ。

ニュースのバックナンバー

ページトップへ