目の眼最新号 2016年7月号 No.478 06月1日発売 1,080円

目次

  • イメージ

    特別誌上注文サイト 新オープン

    目の眼8月号 特別誌上注文サイト

  • イメージ

    目の眼について

    1977年創刊の月刊誌『目の眼』は、骨董・古美術を愉しみを通して、世界に稀な日本の美意識を紹介しています。編集長 白洲信哉

  • イメージ

    書籍のご案内

    『目の眼』から生まれた書籍・図録のご紹介。
    あなたの本もつくります。

  • イメージ

    目の眼サロン

    六本木・東京ミッドタウン3F、骨董・古美術を見て・ふれて・買えちゃう体験ショップ

  • イメージ

    広告出稿をご検討のお客様へ

    『目の眼』では広告を募集しています。
    広告料金・サイズなどは媒体資料をダウンロードしてご覧ください。

目の眼ニュース

  • 「THE OLD THINGS 世界の古いものと暮らす」に誤りがありました。読者の皆さまならびに関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

    69ページ上段真ん中
    誤 こね鉢 ハンガリー 20c前半
    正 ブコビナ地方のチーズケース ルーマニア 20c初

    70ページ中段右
    誤 ブコビナ地方のチーズケース ルーマニア 20c初
    正 こね鉢 ハンガリー 20c前半

  • 紫陽花の名所としても知られる北鎌倉の古刹・明月院に伝わる桜の螺鈿模様を散らした漆椀「明月椀」。
    その美しい椀を展示した「鎌倉の名宝 明月椀 –漆絵、美の饗宴−」展(東慶寺宝蔵 2016年4月5日〜7月3日)の図録の取り扱いを開始いたしました。

     

     

     

     

     

    こちらのページにて販売中です。どうぞよろしくお願い致します。

     

  • 目の眼オンラインのオリジナル記事、野辺の骨董の第5回目は、南の島の壺です。どこの島のものかわからないけれど、味のある壺。こちらからtanaka16-05-01

  • 目の眼6月号の特集は「鎌倉 古美術さんぽ」。神奈川県立近代美術館鎌倉館で1970年頃に開催された「私のあつめたやきもの展」に出品された川端康成・小林秀雄ら鎌倉文士、芸術家の作品を撮り直しなどを含めて紹介しました。みほん

  • アンティークにまつわるすべてが詰まった、ガイドブックの登場です!

    9784907211080

    西洋アンティークをはじめとする、「世界の古いもの」を買う、飾る、暮らす。
    古いものを受け継いで、楽しく暮らす達人に、
    スタイリストおすすめの古いものを上手に使ったライフスタイル。
    ヨーロッパの国々のマーケット情報に、日本の骨董市、蚤の市の歩き方。
    気になるお値段や、おすすめのお店の情報までを網羅しています。

    こちらの弊社HPにて、送料無料で販売中です。

ニュースのバックナンバー

ページトップへ