目の眼次号の特集は「目の眼的 六古窯の旅 第二弾 備前の里を訪ねて」。

目の眼次号の特集は「目の眼的 六古窯の旅 第二弾 備前の里を訪ねて」。
備前焼の研究者が集めた珍しい古備前や、海揚がりと呼ばれる海から引き上げた鶴首徳利などの古備前をはじめ、現代作家による座談会、料理をひきたてる備前焼の魅力、備前焼の街・伊部(いんべ)を歩く、10月18日~19日の備前焼まつり紹介など、盛りだくさんの内容です。
11月号は10月1日発売。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年7月号 No.574

酒器を買う

選ぶたのしみ使うよろこび

あいかわらず人気の高い酒器だが、コロナ禍を経て少し好みや傾向が変化したようにも見えます。 今号はコレクター や酒器の名店を訪ねて最新事情を紹介するほか、東京美術倶楽部が運営するインターネットサイト「TSUNAGU東美」とのコラボレーション企画としてスペシャル座談会を開催。実践的な酒器の選び方、買い方、愉しみ方などそれぞれの視点から紹介していただきます。