【発売中】「目の眼」バックナンバー・セレクション|古窯特集号をまとめて特別価格にてご提供

【2023年8月16日発売】

骨董 古美術月刊誌「目の眼」バックナンバー・セレクション
日本各地のやきもの好きにお勧め! 「目の眼」のバックナンバーから古窯特集号をまとめて特別価格でお求めいただけます[各限定10セット]

 
1| 中世古窯をめぐる5冊セット 6,500円(税込・送料込)
日本のやきもの史で特に重要とされてきた“六古窯”のなかから瀬戸、常滑、丹波、備前、越前と、渥美、珠洲を加え中世古窯の全貌がわかります。
詳しくはこちらから


中世古窯バックナンバー5冊セット

 
 
2|縄文土器から六古窯へ 古代日本のやきもの3冊セット 3,500円(税込・送料込)
日本は1万6000年も前からやきものを作り続ける世界屈しのやきもの王国。縄文から弥生時代の土器、須恵器、猿投といった六古窯に先立つ草創期の日本のやきものを紹介した2冊と、中世古窯の魅力がギュッと詰まった小壺特集を合わせたセットです。
詳しくはこちらから

古代日本のやきものバックナンバー3冊セット

 
※直接目の眼にお電話いただくか、目の眼ホームページからお求めいただけます(書店等での販売はしておりません)。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年6月号 No.573

古美術をつなぐ

「 美の仕事」の現在地

美術が珍重される背景には古美術商の努力がありました。活躍してきた良い古美術のコレ数奇者クションをつくるには、信頼できる古美術商とのかかわりが欠かせません。 江戸時代の大名、明治以降の近代数奇者と深いつながりを持っていた茶道具商、世界に東洋の美を広めた山中商会、作家や芸術家との縁が深かった京都や日本橋京橋の大店など、古美術商には古美術を見極める眼力を持ち合わせているだけでなく、個性的で人間味にあふれている方が多いようです。長い命を持つ美術品を過去から未来へと繋ぐ古美術商とその仕事について紹介します。