【受付開始】4/20 杉本博司(現代美術作家)&山口桂(クリスティーズジャパン代表)特別講演会第2弾開催

日本経済新聞社と目の眼による特別講演会の開催が今年も決定しました。
昨年に続き、現代美術作家にして古美術コレクターの杉本博司氏と、世界的オークション会社クリスティーズジャパンの代表を務める山口桂氏によるビッグ対談第2弾となります。

 

nikkeievent230420

詳細・お申込みはこちらから

4月20日(木)19時開催|会場・オンラインライブ同時開催(有料)

※本講演会は日本経済新聞社イベント・企画ユニットの主催(協賛:目の眼)で開催され、日経IDにご登録いただいている方限定となります。詳細・お申し込みは、下記から申込WEBサイトへアクセスしてください。

 

 

◆ 日時:2023年4月20日(木)19時~20時40分終了予定
◆ 会場:日本経済新聞社カンファレンスルーム[会場・オンライン(ZOOM)同時開催]
◆ 料金:
 プランA|10,000円|会場参加費+雑誌講読料(1年間12冊)
 プランB| 8,000円|オンライン参加費+雑誌講読料(1年間12冊)
 プランC| 2,500円|オンライン参加費
◆ 締切:4月17日(月)まで
 ※プランAは定員100名になり次第、受付終了となります。

・参加者全員に『目の眼』4月号と5月号を提供いたします。
・プランAとBの参加者には、6月号より1年間、雑誌を定期発送いたします。

本講演会の詳細・お申し込みは、日経IDイベントのウェブページでご確認ください。

RELATED ISSUE

関連書籍

目の眼2024年3月号 No.570

いとしき煎茶器

あそびと品位

茶は現代では嗜好品として愛飲されていますが、古くは薬として用いられ、その後も最新の大陸文化を背負って輸入され、中世から近代の日本カルチャーにも大きな影響を与えてきました。なかでも煎茶は江戸初期にもたらされ、将軍家から庶民まで広く親しまれ昭和初期まで隆盛を誇りました。またその道具も、平和な時代の気風を表すかのようなすっきりしたデザインのものが多く、シンプル&ミニマルデザインを好む現代人の暮らしにも取り入れられています。今号ではモノ目線で煎茶器の魅力と今の生活にあった取り合わせを紹介します。