編集部のお勧め記事

【2024年4月15日発売】 骨董 古美術月刊誌「目の眼」2024年5月号 特集 春の鑑賞陶磁特集|奥田誠一と目利きたちの時代 ◇全ページ公開中(5/14まで) 5月号の詳細はこちらから   ◆春の鑑賞陶磁特集 古美術の世界にはい…

幕末から明治にかけて関西から日本の経済と美術界を支え、東京以上の規模と密度を誇った大阪の近代数寄者たち。 そんな近代数寄者たちによる、近代大阪を舞台に形成されたユニークなアートコレクションの概要を大阪市立東洋陶磁美術館の館長に就任した守屋雅史さんに解説していただいた。 *この対談は『目の眼』2022年9月号に掲載されています。

縄文アートプライベートコレクション

いまに繋がる、縄文アートの美と技

小さな煎茶会であそぶ

自分で愉しむために茶を淹れる

書の宝庫 日本

人の心を映す日本の書

アンティーク&オールド グラスの愉しみ

肩肘張らず愉しめるオールド・バカラとラリック

春日名号

多川俊映

興福寺貫首

京の町家

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

華原磬

多川俊映

興福寺貫首

茶の湯

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

銀仏手

多川俊映

興福寺貫首

LOAD MORE