編集部のお勧め記事

例年の台風に加え、疫禍で家篭りが増えそうな2020年の夏。自宅にいながら楽しく晩酌をしたい。そんなとき、どんな酒器を、どんな取り合わせで使えば良いのでしょうか。酒器を楽しむ達人・勝見充男さんに、夏らしい取り合わせの極意を伺いました。 *この対談は『目の眼』2020年8月号に掲載されています。

自宅のパソコンでゆっくりと。移動の合間にスマートフォンで、骨董・古美術の“不思議”を知りたい。 読者の皆さまのそんな声が増えてきました。 雑誌『目の眼』は、この夏から紙とデジタルの二刀流でお届けします。 皆さまのライフスタイルにあわせて、これからも「目の眼」をお楽しみください。

日本橋・京橋をあるく

特別座談会 骨董街のいまむかし

昭和時代の鑑賞陶磁ブーム

新たなジャンルを作った愛陶家たち

縄文アートプライベートコレクション

いまに繋がる、縄文アートの美と技

小さな煎茶会であそぶ

自分で愉しむために茶を淹れる

書の宝庫 日本

人の心を映す日本の書

アンティーク&オールド グラスの愉しみ

肩肘張らず愉しめるオールド・バカラとラリック

春日名号

多川俊映

興福寺貫首

京の町家

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

華原磬

多川俊映

興福寺貫首

茶の湯

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

銀仏手

多川俊映

興福寺貫首

LOAD MORE