編集部のお勧め記事

【2024年7月16日発売】 骨董 古美術月刊誌「目の眼」2024年8月号 特集 阿蘭陀|魅力のキーワード   「阿蘭陀」とはオランダと読み、近世にヨーロッパで中国陶磁を写して作られた色絵陶磁です。江戸時代にもたらされ、茶陶として…

スペシャル鼎談 これからの時代の文人茶

繭山龍泉堂 30年ぶりの煎茶会 龍泉文會レポート

『目の眼』の人気連載、潮田洋一郎さんの「漢籍煎茶趣味」と連動したスペシャル企画。ここでは2024年8月号で紹介した「龍泉文會」の詳細としつらいの見どころを、たっぷりの写真と共に紹介します。

茶の湯にも取り入れられた欧州陶磁器

阿蘭陀と京阿蘭陀

TSUNAGU東美プロデュース

古美術商が語る
酒器との付き合い方

日本橋・京橋をあるく

特別座談会 骨董街のいまむかし

昭和時代の鑑賞陶磁ブーム

新たなジャンルを作った愛陶家たち

縄文アートプライベートコレクション

いまに繋がる、縄文アートの美と技

小さな煎茶会であそぶ

自分で愉しむために茶を淹れる

書の宝庫 日本

人の心を映す日本の書

アンティーク&オールド グラスの愉しみ

肩肘張らず愉しめるオールド・バカラとラリック

春日名号

多川俊映

興福寺貫首

京の町家

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

華原磬

多川俊映

興福寺貫首

茶の湯

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

銀仏手

多川俊映

興福寺貫首

LOAD MORE