編集部のお勧め記事

小さな煎茶会であそぶ

自分で愉しむために茶を淹れる

江戸期から昭和初期にいたるまで多くの文人に親しまれた煎茶とはどういうものか、ここでは一茶庵宗家嫡承の佃梓央さんと京都女子大学准教授の前﨑信也さんのおふたりに小さな煎茶会を開いていただき、その趣向と愉しみ方について語っていただきました。 *この対談は『目の眼』2021年9月号に掲載されています。

ときは江戸の中頃、人で賑わう京の名所で煎茶を売る老人「売茶翁(ばいさおう)」の登場により、相国寺の名僧・大典や伊藤若冲、池大雅、円山応挙といった当時の大物文人たちがこぞってこの老人と親交を求め、サロンが生まれた。煎茶はここから一大ブームを巻き起こす。日本人を魅了した煎茶の風儀とはなにか。煎茶道二條流家元の二條雅荘さんに「煎茶と煎茶道」についてお話を伺った。 *この対談は『目の眼』2013年10月号に掲載されています。

刀剣趣味の本領が発揮された名品

村山龍平(朝日新聞社創業者)の数奇

書の宝庫 日本

人の心を映す日本の書

アンティーク&オールド グラスの愉しみ

肩肘張らず愉しめるオールド・バカラとラリック

春日名号

多川俊映

興福寺貫首

京の町家

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

華原磬

多川俊映

興福寺貫首

茶の湯

デービッド・アトキンソン

小西美術工藝社代表取締役社長

銀仏手

多川俊映

興福寺貫首

LOAD MORE